先日、俳優のトム・クルーズにケンカを売るような発言をツイッターに投稿して、世間をザワつかせたシンガーのジャスティン・ビーバーが、そうなるに至った理由を説明した。(フロントロウ編集部)

トムと「戦いたい」発言の真意とは?

 シンガーのジャスティン・ビーバーが、映画『ミッション:インポッシブル』シリーズなど、これまで数々のハリウッド映画で主演を務めてきた俳優のトム・クルーズに対し、突如、「トム・クルーズとオクタゴンで対戦したい。トム、もし試合を断ったら、君は臆病者ということになり、一生後悔することになる」挑戦状を叩きつけた理由が、本人の口から明らかにされた。

画像: トムと「戦いたい」発言の真意とは?

 つい先日、ロサンゼルス市内を外出しているところをパパラッチに囲まれたジャスティンは、対戦相手としてトムのことを選んだ理由について聞かれ、「別に彼(トム)とは知り合いじゃないんだけど、わりと最近、彼のインタビュー動画を見て、それで彼の顔が頭に浮かんだんだ」と説明。

 大方の予想通り、本気ではなかったようで、「なんであんなことを言ったのか自分でもよくわからない。でも、ああいうくだらないツイートをするのは、僕の中ではよくあることなんだ」と言うと、続けて「もしトムと戦ったら、僕は彼にやっつけられるだろうね」と自虐的にコメント。

 トムには「父親ならではの強さ」があるから、今の自分では“トムには敵わない”と、戦う前から負けを認め降参した。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.