モデルのケンダル・ジェンナーが、SNSに投稿したあるビデオに批判が殺到した。その理由とは?(フロントロウ編集部)

 トップモデルとして多くのランウェイやブランドのモデルとして引っ張りだこのケンダル・ジェンナー。そんなケンダルは今年からニキビケア化粧品のブランドとして知られるプロアクティブの広告塔を務めている。

画像1: ケンダル・ジェンナー、妹カイリーと同じ「ある理由」で批判が殺到

 同ブランドのプロモーション活動の一環として、商品の写真や商品を使用する様子を映した動画などを度々SNSに公開しているケンダル。彼女は先日も、あるビデオをツイッターに公開した。

 それがこちら。

 「私の洗顔ルーティーンはずっと変わらないの」というコメントとともにケンダルが投稿したのは、彼女がプロアクティブの商品を使い、シンクで顔を洗う様子を収めた動画。何の変哲もない日常の様子だけれど、問題となっているのはその時間。ケンダルがクレンザーを手に取り、それを顔全体にのばして擦るために費やした時間はわずか8秒ほど。

 その後すぐに水ですすぎ始めたケンダルに、多くの人々から批判が殺到。「誰がこんな素早く顔を洗うの?ちゃんと綺麗になってる?」、「速すぎる。肌に商品が馴染む隙もなかったよ」などの意見が相次ぎ、商品の宣伝方法に疑問を抱く声が挙がっている。

画像2: ケンダル・ジェンナー、妹カイリーと同じ「ある理由」で批判が殺到

 じつは、この「洗顔が短すぎる問題」でバッシングの対象になるのは、ケンダルの妹カイリーも経験済み。カイリーが立ち上げた新しいスキンケア用ブランド「カイリー・スキン(Kylie Skin)」の商品紹介で、洗顔の様子をアップするも、ほとんどすすがない洗顔法がおかしいと世の人々を困惑させていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.