イギリス王室のウィリアム王子の妻キャサリン妃が履いていたグリッターのパンプスが、まるでディズニーの名作アニメ『シンデレラ』に出てくるガラスの靴のよう!?(フロントロウ編集部)

めずらしい靴のチョイスが話題に

 先日、イギリスの依存症問題啓発週間に開催されたチャリティガラに出席した、英王室のキャサリン妃が履いていたグリッターのパンプスが、まるでディズニーのアニメ映画『シンデレラ』に出てくる“ガラスの靴”のようだと話題になっている。

画像: キャサリン妃は普段ヌードカラーなど落ち着いた色のパンプスを選ぶことが多い。

キャサリン妃は普段ヌードカラーなど落ち着いた色のパンプスを選ぶことが多い。

 この日、オフショルダーの上品なワンピースに、グリッターがあしらわれたパンプスをチョイスしたキャサリン妃。

画像: ディズニー映画『シンデレラ』より。 Photo:ニュースコム

ディズニー映画『シンデレラ』より。
Photo:ニュースコム

 名前の通り、シンデレラが履いていたのはガラスでできた靴なので、キャサリン妃が履いていたヒールとは素材が根本的に違う。しかし、パンプス全体にあしらわれたグリッターがキラキラと光り輝く様が、ガラスの靴を彷彿とさせることや、ディズニープリンセスの一員であるシンデレラと同じく、キャサリン妃もリアル・プリンセスであることから、多くのファンが「シンデレラの靴」を連想。

画像: めずらしい靴のチョイスが話題に

 ちなみに、キャサリン妃が履いていたのは日頃からよく愛用している高級ブランド「ジミーチュウ(Jimmy Choo)」のもので、つま先から踵(かかと)にかけてオンブレになっているひとクセあるデザインが特徴となっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.