ラッパーのカーディ・Bが、アメリカにある日系スーパーマーケットで「日本のお菓子」を大量購入。そのなかでカーディがお気に入りに選んだシブい1品とは?(フロントロウ編集部)

日本のお菓子に舌鼓

 今年のグラミー賞で女性アーティストとして史上初めて「最優秀ラップ・アルバム賞」を受賞したラッパーのカーディ・Bが、インスタグラムのストーリーで日系のスーパーマーケットで手に入れた「日本のお菓子」を紹介。

 まずは甘いものから。愛娘のカルチャーちゃんのために、日本発のキャラクター「ハローキティ」がパッケージに描かれたビスケット菓子を手に入れたカーディは、自分用に和菓子の豆大福をゲット。アメリカでも「餅」は「モチ(Mochi)」という名前で大人気ということもあり、「食べるのが楽しみ」と嬉しそうに語った。

画像1: 日本のお菓子に舌鼓

 続いてカーディが紹介したのは、ひと口サイズの蟹が丸ごと食べられるスナック菓子「かにっ子」。じつはカーディは大の蟹好きとして知られており、過去にプライベートジェットで豪快に蟹を頬張る映像が話題になったことも。

画像2: 日本のお菓子に舌鼓

 アメリカではあまり見かけない姿のお菓子に興味深々で、ボリボリと音を立てて試食しながら、「蟹の味がするちょっと変わったお菓子」と説明した。

 そんなカーディが“1番のお気に入り”に選んだのは、サクッとした軽い触感と、口に広がるえびの風味と塩味が絶妙なえびせんべい「えび満月」。カーディがせんべいを気に入ったのは少々意外だが、食べる手が止まらなくなるほどお気に召したよう。

画像3: 日本のお菓子に舌鼓

 ちなみに、同じスーパーで手に入れたのかどうかはわからないが、カーディは夫で同じくラッパーのオフセットにお土産として大量のソーダ飲料を購入したことも報告。そのなかには日本語で「マンゴークリームソーダ」と書かれたものもあった。

画像4: 日本のお菓子に舌鼓

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.