アメリカのシューズブランドPONY(ポニー)が、クラウドファンディングプラットフォームCAMPFIREにて、PONYスニーカーアーカイブモデル「M-110」復刻企画を、2019年6月17日より掲載開始。(フロントロウ編集部)

 PONY JAPANはPONYスニーカーのアーカイブライン「M-110」モデルの復刻企画案件を、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」に2019年6月17日(月)より立ち上げた。

画像1: PONYスニーカー、アーカイブモデル「M-110」に復刻企画

 「M-110」モデルは、過去に「KITH」ブランドとのコラボスニーカーをグローバルで発表した実績もあり、今回復刻させる「M-110」はこれまで日本で正式展開されていないアイテム。そんなアイテムをCAMPFIRE限定で復刻させる取り組みは、2019年6月17日(月)~7月30日(火)まで掲載予定。

画像2: PONYスニーカー、アーカイブモデル「M-110」に復刻企画

PONYブランドについて
アメリカのシューズブランドである「PONY」がニューヨークのブルックリンで誕生したのが1972年。翌年には、ブランド初のバスケットボールシューズ“SHOOTER”を開発。70年代後半には、サッカーの王様ペレがPONYを着用し、当時の世界記録を樹立。また、50人以上のNBA選手がPONYを愛用し、さらにモハメド・アリの履いたボクシングシューズがPONYだったことで、スポーツブランドとして一躍有名に。その後も80年代にかけて、MLBやNBAオールスターゲーム、テニスのUSオープン、WBCヘビー級タイトル戦など幅広くスポーツシューズとして認知されるように。

プロジェクト名|ストリートシーンの重鎮も認めたNY発のスニーカーPONY「M-110」が復刻!
目標金額|1,000,000円
募集期日|2019年6月17日(月)~7月30日(火)

リターン内容
・「M-110」限定復刻モデル 1足 先着10名様限定!【CAMPFIRE限定早割】通常価格 10,000円→9,000円(税込・送料込)
・「M-110」限定復刻モデル 1足 【CAMPFIRE限定価格】10,000円(消費税、送料込)
・「M-110」限定復刻モデル + PONY ロングTシャツセット 通常価格14,500円→13,000円(消費税、送料込)

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.