ディズニー・チャンネルの人気テレビ映画『ディセンダント』シリーズの3作目となる『ディセンダント3』のフル予告が公開された。(フロントロウ編集部)

 『ディセンダント』は、ディズニー作品に登場するヴィラン(悪役)に子孫がいて、彼らがティーンエイジャーだったら…という斬新な設定で大ヒットしたテレビ映画シリーズ。

 『眠れる森の美女』の邪悪な妖精マレフィセントや、『101匹わんちゃん』の悪女クルエラ・デ・ヴィル、『リトル・マーメイド』の魔女アースラといったキャラクターの子どもたちが活躍する、シリーズの最新作『ディセンダント3』の予告編が公開された。

 その予告編は、マレフィセントの娘である主人公マルが愛しのベンにプロポーズされるシーンで幕を開けるが、そのハッピーな雰囲気は長く続かず、第3作で新ヴィランとなる死者の国の神“ハデス”が姿を見せ騒動を招く。

 最新作では、善人が住むオラドン合衆国のオラドン高校で新たに受け入れるヴィラン・キッズを選抜するため、マルたちヴィランズ・キッズが、ロスト島に帰省。ところが、ロスト島を覆うバリアに裂け目ができたことで、オラドン合衆国が危険にさらされる事態になる。

 ディズニー映画『ヘラクレス』にも登場するハデス役を演じるのは、青春ミュージカルドラマ『Glee/グリー』や『アメリカン・ホラー・ストーリー』などで知られるシャイアン・ジャクソン。

 前2作に続きマル役でダヴ・キャメロン、ベン役でミッチェル・ホープ、イヴィ役でソフィア・カーソン、ジェイ役でブーブー・スチュワート、カルロス役でキャメロン・ボイス、オードリー役でサラ・ジェフリー、ギル役でディラン・プレイフェアらが続投する。

 ディズニーのヴィラン・キッズが新たな敵と闘いを繰り広げる『ディセンダント3』は、アメリカでは8月2日に放送され、日本では秋に放送される。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.