ケイティ・ぺリーが5月31日にカリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランドにオープンしたばかりの新パーク「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」を訪問。新エリアに興奮する様子がガチだった。(フロントロウ編集部)

 シンガーのケイティ・ペリーが婚約者で俳優のオーランド・ブルームと一緒に米ディズニーランドに開園した話題沸騰中の新パーク「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」へ。

 オレンジ色のジャンプスーツにスニーカー、ベースボールキャップ、ウェストポーチと動きやすいラフな服装で来演したケイティは、同じくカジュアルな装いのオーランドと思いっきりイチャつくなど、一般来園者たちの視線を集めていた。

画像: twitter.com
twitter.com

 大のディズニー好きで知られるケイティは、この日、園内で撮影した写真や動画を自身のインスタグラムでも公開。

 『スター・ウォーズ』の世界観をまるごと再現した同パークのアトラクションや設備、ドリンクなどが、いかに手の込んだ仕上がりとなっているかが伝わる投稿には、「すごい!」、「行ってみたい! 」とフォロワーたちから羨む声も寄せられたのだが、そんな数々の写真を撮影中のケイティの姿があまりにもガチだった。

画像: www.instagram.com
www.instagram.com

 大股開きで腰をかがめ、真剣な表情でスマホのカメラを何やら上方にかかげる様子は、なんだか運動会で我が子のベストショットを逃すまいと奮闘するお父さんの姿を彷彿とさせる。

 おそらくケイティはこのとき、上空に打ち上げられた花火を撮影していたようで、後列にいるオーランドも必死にカメラを向けていた。

画像: 「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」での花火の様子。

「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」での花火の様子。

 大スターのケイティ&オーランドすらも我を忘れて夢中にさせてしまう「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」。オープンしたてとあって来園者が集中しており、大混雑しているが、逆に隣接するほかのパークが比較的空いているそうで、現地のディズニーファンたちの間では「ディズニーランドに行くなら今!」とウワサされている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.