ウィリアム王子とキャサリン妃の護衛が、83歳の女性と衝突事故を起こした。(フロントロウ編集部)

 6月17日に行なわれたイギリスの最高勲章ガーター勲章の式典に出席したイギリス王室のウィリアム王子キャサリン妃。荘厳に行なわれたこのセレモニーの裏で、ある事件が起きていた。

画像: キャサリン妃とウィリアム王子の移動中の事故で83歳女性が重傷

 この日、式典が行なわれたウィンザー城に向かうウィリアム王子とキャサリン妃が乗る車の周りには、多くの警察バイクが護衛として並走。ロンドン南西部に差し掛かったところで、事件は起きた。

 護衛についていた1台のバイクが、近所に住む83歳の女性と衝突事故を起こしてしまった。ロンドン警視庁の発表によると、女性の名前はアイリーンで、重体の状態でロンドン市内の病院に運び込まれたという。

 この事故を受けて、ケンジントン宮殿は声明を発表。

 「ウィリアム王子とキャサリン妃は、月曜日の午後に起きた交通事故について、深く憂慮し悲しみに包まれています。アイリーンとご家族の無事を祈っており、回復に向かわれるまで連絡を取り合うつもりでいます」

 ウィリアム王子とキャサリン妃はアイリーンへ花を贈り、アイリーンの承諾が出た場合には、彼女の元をお見舞いに訪れるつもりだという。

 事故の調査を行なった警察の調査機関の広報によると、アイリーンは現在、「重体だけれど、安定した状態に落ちついている」とのこと。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.