モデルのケンダル・ジェンナーへのストーカー行為が原因で、接近禁止命令が下されていたストーカーの男が逃走した。(フロントロウ編集部)

 過去何度もストーカー被害に悩まされ、自身が出演するリアリティ番組でも当時の恐怖について語ったことのあるモデルのケンダル・ジェンナー。そんなケンダルに執拗につきまとい、接近禁止命令が出されていたジョン・フォードという男が、自国のカナダで逃走したと報じられている。

ケンダルを襲う度重なるストーカー行為

画像: ケンダルを襲う度重なるストーカー行為

 このカナダ出身の男は、短期滞在ビザを使ってアメリカに渡り、その間にケンダルの自宅に不法侵入。これを受け、住宅街に近づくことが禁止されていたにもかかわらず、その後数回ケンダルの家のプールや玄関に不法侵入。後に正式な接近禁止命令が発令され、5年の間、ケンダル自身だけでなく、彼女の車や家に近づくことが禁止されていた。

 そうしているうちに滞在ビザが失効。しかしアメリカで生活を続けていた男は不法滞在の罪で今年3月、ニューメキシコ州で逮捕され、さらに自国に強制送還されていた。

 警察によりカナダに送られた男だけれど、その後トロントの空港で目撃されたことを最後に行方がわからなくなっているという。容疑者の家族も居場所を知らないと話し、現在も逃走を続けている。

 カナダとアメリカ間の国境でも捜査が続けられており、男が再びアメリカに渡る可能性はほぼないとされているが、万が一に備え、ケンダルの護衛はセキュリティを強化している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.