Netflixオリジナルシリーズ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のシーズン3が配信されることに先駆け、日本で夏祭りイベントが開催。このイベントに登壇するために、メインキャストのノア・シュナップ、ゲイテン・マタラッツォ、ケイレブ・マクラフリン、セイディ・シンクが初来日を果たした。(フロントロウ編集部)

『ストレンジャー・シングス』シーズン3

 セレブもハマる大ヒットドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』のシーズン3が配信されることを記念して、東京で夏祭りイベントが開催。盆踊りをイメージした会場では、ステージ上に提灯が飾られ、ミリー・ボビー・ブラウン演じるイレブンの大好物であるワッフルなど、ドラマをイメージした屋台も立ち並んだ。

 そんな会場に登場したウィル役ノア・シュナップ、ダスティン役ゲイテン・マタラッツォ、ルーカス役ケイレブ・マクラフリン、そしてマックス役セイディ・シンクは、今回が初来日。

 イベント前日に来日した4人は、日本を訪れたセレブの定番スポットである新宿のロボットレストランで、日本のネオンカルチャーを満喫した。

 イベントでは、ケイレブが「コンニチハ」と、ノアが「コンニチハ、アイシテイマス」と、セイディが「コンニチハ」と日本語で挨拶。4人が話すたびに観客から黄色い声援が寄せられると、4人もそれに応えるように「フー!」と掛け声を返した。

画像1: 『ストレンジャー・シングス』シーズン3

 またドラマの撮影期間中のことについて聞かれたノアが、「僕たちは本当に仲がいいんだ、その友情がドラマでも見ることが出来ると思う。撮影期間中は、みんなで遊園地に行ったり、お泊りをしたり、いたずらしたり、食べ物を投げ合ったりしていたよ」と話すように、イベントではキャストの絆が感じられる瞬間がよく見られた。

画像2: 『ストレンジャー・シングス』シーズン3

 例えば、それぞれが話している最中には、ほかのキャストはひそひそ話。とくにノアとセイディは、顔を近づけておしゃべりをすることが多く、時より話が盛り上がりすぎてイベントそっちのけで爆笑する一面も。

画像3: 『ストレンジャー・シングス』シーズン3

 最後には、4人の名前がそれぞれ入った法被がプレゼントされると、「ワオ!」「え、すごい~」と大興奮。興味深そうに法被の名前をなぞるように触っていた。

 ネタバレになってしまうためシーズン3の内容は話せないとしながらも、セイディが「一番お気に入りのシーズン」と、ノアが「絶対に面白いよ」と、ダスティンが「すべての世代が楽しめると思う」と語った、ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』待望のシーズン3。

 本イベントでの4人の活躍が、7月4日からNetflixで配信される新シーズンをさらに盛り上げた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.