『007』シリーズ最新作『BOND 25』のメイキング映像が公開された。(フロントロウ編集部)

 6代目ジェームズ・ボンドであるダニエル・クレイグは、今作をもってついにボンド役を引退すると言われている。そして映画『ボヘミアン・ラプソディ』で一躍トップスターの仲間入りを果たしたラミ・マレックが悪役に抜擢され、ファンにとっては見逃せない『BOND 25(仮題)』。

 物語は、ジャマイカから始まる。現役を引退したボンドは、穏やかな毎日を過ごしていた。そんななか、旧友でありCIAエージェントのフェリックス・ライターから、誘拐された科学者を救出してほしいと依頼されてしまう。そのミッションを進めるうちに、ボンドは最新技術を操る正体不明の敵と対峙することになる…。

画像1: 『007』最新作のメイキング映像が公開、ジャマイカの熱気に包まれたキャストたちの姿にシビれる

 今回公開されたメイキング映像では、熱気に包まれるジャマイカの空気が伝わってくるよう。そんななか、楽しげに談笑するダニエルや監督のキャリー・フクナガ、フェリックス・ライター役のジェフリー・ライト、そして今作に新キャストとして加わったラッシャーナ・リンチなどの姿が収められている。

画像: 『BOND 25(仮題)』メイキング映像 youtu.be

『BOND 25(仮題)』メイキング映像

youtu.be

 また、先日6月20日には、英国王室のチャールズ皇太子がイギリスで行なわれていた『ボンド25』の撮影現場を訪問し、ダニエル・クレイグなど映画のキャストたちと談笑した

画像2: 『007』最新作のメイキング映像が公開、ジャマイカの熱気に包まれたキャストたちの姿にシビれる

 シリーズ第25作目であり、ダニエル・クレイグが演じるジェームズ・ボンドを見られるのは最後になると言われている『BOND 25』は、2020年に全国で公開予定。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.