夏は日差しで髪もパサつき、ツヤがなくなりがち。普段、トリートメントをはじめ考えうるヘアケアでいたわっていても髪がパサパサして悩んでいる人に朗報! 髪にツヤを取り戻す意外な裏技を紹介。(フロントロウ編集部)

 普段、髪に合うシャンプーを使ったりトリートメントをしたりして美しい髪をキープするように頑張っていても、年々日差しが強くなる夏の時期は、あっという間に髪は乾燥してツヤを失いやすい。

画像: 髪にツヤができる、夏にぴったりの裏技が目からウロコ

 ヘアケアアイテムや使い方を見直すといった方法以外に、髪の艶を取り戻す目からウロコの裏技があるという。

冷水で引き締まり、ツヤ髪に導く

 シャンプーは、温かい水温で行なうと油分や汚れが落ちやすいこともあり、基本的には適度な温かい温度に調整して行なうもの。

 けれど、リアリティスターのカイリー・ジェンナー、クロエ・カーダシアンらセレブを手掛けるヘアスタイリストのアンドリュー・フィッツサイモンズは、その温度に注目してみるようアドバイス。

画像1: 冷水で引き締まり、ツヤ髪に導く

 アンドリューは、「みんな熱いシャワーが大好きだけれど、冷たい水のほうが髪の毛にとってはずっと良い」と英メディアByrdieにコメント。

 シャンプーをするときのシャワーの温度が高すぎると、髪のキューティクルが開きやすくなり、パサつきや広がりの原因に。とくに、乾燥しているときはキューティクルがはがれてしまい、髪がさらにパサパサになってしまう恐れもあるという。

 アンドリューは冷たい水で髪を洗うことによる効果について、「キューティクルが開きにくくなり髪が引き締まることを助けて、髪がよりなめらかに、ツヤやかになる。髪の縮みも起きにくくなる」とコメント。

画像2: 冷水で引き締まり、ツヤ髪に導く

 普段なら、冷たいシャワーでシャンプーをするなんて考えられないけれど、夏場なら心地良さそう。一度試してみて、髪の調子を観察してみては。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.