ドラマ『ストレンジャー・シングス』シーズン3で、メインキャストに支払われたギャラがとんでもないことになっている。

Netflixを代表する人気ドラマ

 アメリカ独立記念日である7月4日に、Netflixでシーズン3が配信される(※)大ヒットドラマ『ストレンジャー・シングス』。
※日本時間で本日7月4日夕方に配信予定。

 これまで以上に盛り上がりを見せる『ストレンジャー・シングス』のメインキャストといえば、最年少14歳のウィル役ノア・シュナップを筆頭に、平均年齢16歳の若手俳優たちで締められていることで有名。

画像1: Netflixを代表する人気ドラマ

 主演のイレブン役ミリー・ボビー・ブラウンは、このドラマに出演したことをきっかけに、映画『ゴジラ キング・オブ・モンスター』の主演に抜擢されるほか、高級ブランドのモンクレール(MONCLER)の広告塔に抜擢され、業界を超えて大ブレイク。

画像2: Netflixを代表する人気ドラマ

 また、イレブンに恋心を抱くマイク役のフィン・ヴォルフハルトは、社会現象になったホラー映画『IT/イット “それ”が見えたら終わり。』に出演するなど、注目俳優として知名度をますます高めている。

画像3: Netflixを代表する人気ドラマ

 そんなキャスト陣の人気の急騰に比例して、彼らのギャラもうなぎのぼり。

 とくに『ストレンジャー・シングス』は、Netflixで配信される数ある優良作品のなかでも高い人気を誇るため、待望のシーズン3では、セットのスケールも壮大になり、キャストの出演料も高騰した。

 10代のメインキャストが前シーズンまでにもらっていたギャラは、1話につき約320万円(3万ドル)。

しかし、シーズン3ではなんと、1話につき2,200万円から2,700万円(20万ドルから25万ドル)のギャラが支払われると、米Deadlineが報じている。

 ちなみに、若手が多いドラマにスパイスを加える、ウィルの母親ジョイス役のウィノナ・ライダーや、イレブンの父親的存在の保安官ジム・ホッパー役のデヴィッド・ハーバーといった、すでに演技力が認められているトップ俳優には、今シーズンで1話につき3,200万円から3,800万円が支払われるという。

画像4: Netflixを代表する人気ドラマ

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.