公開以来、世界中で話題を集めているSK-Ⅱの新動画シリーズ“ピテラTMマスタークラス”の新エピソードが早くも登場! 日米人気コメディアンの渡辺直美とジェームズ・コーデンの共演が話題の前作に続き、今回もなんだか仲良しな2人。2人が呼び込まれた「酒蔵」にピテラマスターになれる答えはあるのか。そこで2人が目にしたものとは?

いよいよ明かされるピテラTMの秘密。2人の謎のダンスにも注目

 SK-Ⅱが贈る新動画シリーズ“ピテラTMマスタークラス”。渡辺直美、ジェームズ・コーデンという日米人気コメディアンのほか、世界的シンガーのジョン・レジェンドも登場するなど、今までとは違うアプローチのビューティ・エンターテインメントとして、あちこちで話題を集めている。そんなシリーズの新エピソードが公開!

 前作では、どっちが「ピテラTMマスター」かを巡ってバトルを展開した渡辺直美とジェームズ・コーデン。でも結局2人ともまだまだピテラマスターではないことが判明し、謎の杜氏に招かれて酒蔵へ。

 そして今回のエピソードでは、渡辺直美とジェームズ・コーデンの2人が黙々と作業するシーンからスタート。杜氏の指示のもと、訳も分からず作業をしていた2人は次第に飽きてきて…。杜氏も思わず困惑してしまうほどの2人のコミカルな掛け合い、そして、ついに明らかになる「ピテラTM※」の秘密をその目で確かめて!
※ガラクトミセス培養液(整肌保湿成分)

 「すっぴん素肌トーク」で、ウワサのピテラTMについて学んだ2人が、それぞれ「ピテラTMマスター」としての自負を胸に訪れた日本の酒蔵。なのに、ピテラマスターだと認めてもらえない2人は少し不満そう。なぜならそこで出会った杜氏に指示されたのは、素手で樽の中の蒸したお米を混ぜるという単純作業。しばらくすると飽きてしまった2人は、杜氏の「手」にまつわる話を聞いた途端、踊りながらくるくると杜氏の周辺を回りだす。そんな2人のリズミカルな小踊りをさえぎり、話始める杜氏。じつは、この単純な作業にこそ、SK-Ⅱの美肌探求のルーツが隠されているという。

 杜氏が2人に明かしたのは、「ピテラTM」の意外なストーリー。歳を重ねた杜氏の顔には深いシワがあるのに、手が美しく柔らかいことに研究者が着目したのがことの始まりだという。そう、渡辺直美とジェームズ・コーデンがうっとりとやみつきになった杜氏の手肌こそ、「ピテラTM」のカギが隠されていた!

sk2、エスケーツー、ピテラ、ピテラエッセンス

 年齢を重ねてもなお、杜氏の手肌はなぜ美しいのか、という疑問からSK-Ⅱの美肌探求の旅が始まったそう。酒造りの自然の「発酵」によるプロセスの中に肌を美しくしてくれる秘密があった。そこから長い研究と歳月を経て誕生したのが、SK-Ⅱの独自成分「ピテラTM」。

sk2、エスケーツー、ピテラ、ピテラエッセンス

 「ピテラTM」は、ある特別な酵母の独自の発酵の過程で作り出される、肌に有用な成分。健康な肌が元々持つ天然保湿成分の構成成分と共通したものをいくつか含むからこそ、肌なじみがいいのも特徴。

 そんな「ピテラTM」が90%以上もたっぷりと含まれているのが、SK-Ⅱのアイコン的存在である化粧水フェイシャル トリートメント エッセンス。ほとんどが「ピテラTM」でできているフェイシャル トリートメント エッセンスは、「キメ」を整え、「ハリ」をあげ、乾燥による小ジワにアプローチし、「ツヤ」をもたらす、まさに美容液のような化粧水。年齢や肌質、肌の悩みを問わず使うことができ、使えば使うほどに透明感のある美しい素肌へと導いてくれる。「ピテラTM」とはまさに、奇跡のような確率で生み出された天然由来の成分であり、渡辺直美が「神ってる」、ジョン・レジェンドが「神エッセンス」などとフェイシャル トリートメント エッセンスを表現するほど、信頼を寄せていることにも納得だ。

 渡辺直美とジェームズ・コーデンがルーツを追い求めた「ピテラTM」は、やっぱり他にはない唯一無二の成分だった。杜氏の手から始まり、長年多くの人の美を支えてきたSK-Ⅱの「ピテラTM」を体感したい人は、まずはそのほとんどが「ピテラTM」でできているフェイシャル トリートメント エッセンスを試してみては。

This article is a sponsored article by
''.