ディズニーの名作アニメ『リトル・マーメイド』の実写版で、主人公のアリエル役に黒人の血を引く若手シンガーのハリー・ベイリーが起用されたことをうけて、一部の人たちから“批判”の声があがるなか、そういったネガティブな世論をはねのける「反論文」の内容が称賛されている。(フロントロウ編集部)

アリエル役に対する不満の声に喝

 現在、制作が進められているディズニーの名作アニメ『リトル・マーメイド』の実写版で、姉妹デュオのクロイ&ハリー(Chloe x Halle)のハリー・ベイリーアリエル役に抜擢されたことに、一部の人たちから「アリエルは白人なのになぜ黒人を選んだのか」「アニメのアリエルと全然似てない」といった批判が殺到。

 ハリーのアリエル役を歓迎する声が多く上がる一方で、ツイッターで「Not My Ariel(私のアリエルじゃない)」というハッシュタグが一時ワールドトレンド入りするなど、波紋を広げるなか、ディズニー傘下のABCテレビジョン・グループの子会社が展開するケーブルTVチャンネル「フリーフォーム(Freeform)」が、インスタグラムを通じてそういった批判の声に真っ向から反論した。

画像1: アリエル役に対する不満の声に喝

 以下、フリーフォームによる反論コメントの全文。

 「『リトル・マーメイド』の原作の作者はデンマーク人です。そしてアリエルは…マーメイド(人魚)です。彼女は国際的な流域にある海底王国に暮らしていて、泳げばどこへでも行けます(トリトン王によくそのことを怒られていますね。まったく過保護な父親です)。
 
 ところで、仮にアリエルがデンマーク人だったとして、彼女が黒人でもなんらおかしくはありません。なぜなら、デンマーク人のなかにも黒人はいるから。

 アリエルは、スカットルやジャマイカ出身のカニ、セバスチャン(ごめんね、フランダー!)と一緒によく地上の世界で日に当たり、小麦色の肌を保っているのです。また、黒人のデンマーク人も人魚も、遺伝子的に赤毛に生まれてくる可能性はゼロではありません。

 あと、これはネタバレかもしれませんが、話を最初に戻すとアリエルというキャラクターはフィクション(架空)です。誰が何を言おうと、卓越的かつ革新的で、才能に満ちあふれたハリー・ベイリーがアリエル役に抜擢されたことは、まさに『素晴らしい』のひと言です。『アニメ版と似ていないから』という理由で批判する人がいるとすれば、もう何と言ったらいいのやら…って、あなたのことですよ」

 フリーフォームは、そもそもアリエルは人間ではなく人魚なので、白人や黒人という概念がないことを指摘したうえで、仮に原作者と同じデンマーク人であったとしても、白人のデンマーク人もいれば黒人のデンマーク人もいるので「アリエルが黒人でもおかしいことはない」と持論を展開し、黒人の血を引くハリーがアリエル役の座を手入れたことに異論を唱える人たちを一蹴した。

画像2: アリエル役に対する不満の声に喝

 ちなみに、フリーフォームのこの長文メッセージには4万件以上の「いいね」がついており、大勢の人たちから称賛するコメントが集まっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.