気温が高くなって日差しが強くなるにつれて、ツヤ感があってジューシーなメイクのほうがマッチして、オシャレでかわいく見える。リップには、スティックタイプの口紅やティントリップ、バームタイプのリップなどいろいろあるけれど、海外のプロが夏のメイクに映えるオススメのリップを紹介。(フロントロウ編集部)

ぷるぷる、ジューシーな唇をつくる「ジェリー・リップ」

 セレブを手掛ける海外のメイクアップ・アーティストのニール・ヤングは、夏の時期のメイクについて、「湿ったような肌づくりや、光沢のある唇は、ジューシーに見えるから夏のメイクの大きなポイントになる」と英メディアrefinery29にコメント。

画像1: ぷるぷる、ジューシーな唇をつくる「ジェリー・リップ」

 なかでもリップについて、ニールは唇にぺったりとつく粘着性のあるマットなティントリップや、オイルタイプやクリームタイプではなく、みずみずしいテクスチャーが唇に自然な光沢感を与える「ジェリータイプのリップ」をオススメ。

画像2: ぷるぷる、ジューシーな唇をつくる「ジェリー・リップ」

 ジェリーのようなぷるぷるとしたテクスチャーの、ウォーターベースのコスメは、ハイライターやアイシャドウ、チーク、リップなどいろいろあるけれど、メイクアップ・アーティストのサラ・ヒルは、ジェリーのようなテクスチャーのコスメについて、「パウダーやプレスされたフォーミュラでは得られないジューシーさが演出できる。軽さもあるから、フレッシュで健康的に見える」と、話している。

画像3: ぷるぷる、ジューシーな唇をつくる「ジェリー・リップ」

 お気に入りの色のリップカラーがジェルタイプのリップではないときは、ニールは、「ジェリータイプのリップは唇全体に塗らなくても、唇の真ん中だけにつけて光沢感を出すのもキレイに見える」と、唇の中央につけ足すメイク法も紹介。重ねづけ用のジェリータイプのリップを手に入れるのも良さそう。

画像4: ぷるぷる、ジューシーな唇をつくる「ジェリー・リップ」

 次になにか新しいリップを買い足そうと思うとき、参考にしてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.