シンガーのアリアナ・グランデが、10歳にも満たない若年のファンに向けて「セックス」をテーマにした曲を歌うことに“抵抗はない”ときっぱりと言い切った。(フロントロウ編集部)

アリアナが“性”に対して持論を展開

 アリアナ・グランデが、自身のキャリア史上初めて表紙を飾った米Vogueの8月号のインタビューで、10歳にも満たない若年層のファンの前で「セックス」についての曲を歌うことに抵抗があるかと聞かれ、“ない”と答えた。

画像: アリアナが“性”に対して持論を展開

 2016年発売の大ヒット曲「サイド・トゥ・サイド(Side to Side)」は、“セックスのしすぎでアソコが痛くなり、歩くのが困難になってしまった女の子の歌”として知られる。大人からすれば「ちょっと笑える下ネタ」だが、そもそも性行為についてちゃんと知っているのかさえ怪しい9歳の子供が聞くには、かなり刺激が強い内容。

 それでも子供たちの前でセックスをテーマにした曲を歌うことに、“抵抗はない”と言い切る理由をアリアナはこう語っている。

 「みんないつかセックスをする。約束するわ。あなたの子供たちもいつか必ずセックスをする日がやって来る。だから、もしも子供たちに曲の内容を聞かれたら、正直に教えてあげて」

 この意見に反対する親も多くいると思うが、性行為は誰もがいつかは必ず経験する“自然なこと”と考えるアリアナは、むしろ知識のない子供たちが「サイド・トゥ・サイド」を聞いて内容に興味を持ったら、包み隠さず「教えてあげてほしい」と話し、性に対する独特な持論を展開した。

 ちなみに、たまにどギツイ下ネタをさらっとかますことがあるアリアナは、過去に元婚約者でコメディ俳優のピート・デヴィッドソン「アソコの大きさ」をバラすという、ファンの度肝を抜く行動に出たことがある。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.