暑い時期はメイクがヨレたり崩れやすい。海外のプロが、夏や梅雨などのメイクが崩れやすい時期にオススメの、ベースメイクをする前の「保湿方法」を紹介。(フロントロウ編集部)

 湿気や気温が高く、汗ばむ梅雨や夏のシーズンはメイクがヨレたり、崩れやすい。

 セレブを手掛けるメイクアップ・アーティストたちが、そんな時期にもメイクの持ちを良くするための、“ベースメイクをする前の保湿方法”を紹介した。

画像: 暑い時期の、「ベースメイク前の保湿方法」はどうするのがベスト?

暑い時期のメイク崩れを防ぐ、ベースメイクの前の保湿方法

 夏の時期は湿気や汗で肌がべたついていたとしても、汗とともに油分を拭い取っていたり、日差しによって肌は乾燥していたりするため、しっかりと保湿することは大切。

 ベース前に行なうスキンケアでの保湿方法について、メイクアップ・アーティストのニール・ヤングは、「ジェルベースのモイスチャライザーを選んで肌にうるおいを与えるようにすると良い」と、英メディアrefinery29にコメント。

画像1: 暑い時期のメイク崩れを防ぐ、ベースメイクの前の保湿方法

 オイルやクリームと違い、みずみずしいウォーターベースのものはすっと肌になじみやすく、軽さがあるので暑い時期にぴったりなのだという。

 また、メイクアップ・アーティストのケネス・ソウは「ゾーン」ごとに保湿アイテムを変える方法を紹介。自分にとって一番お気に入りの保湿方法があったとしても、崩れやすいシーズンでは「とくに油っぽくなりやすい額や鼻などにだけ、モイスチャライザーのなかでも余分な皮脂や光沢感を抑える効果があるものを選んでみて」とアドバイス。

画像2: 暑い時期のメイク崩れを防ぐ、ベースメイクの前の保湿方法

 夏の間にメイクをなるべく崩れにくくするため、取り入れてみては。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.