ケンダル・ジェンナーに学ぶ、スカーフの便利な使い方が夏のレジャーに大活躍。(フロントロウ編集部)

水着のプラスにスカーフが使える

 ビーチスタイルにプラスするおしゃれアイテムとして今年注目なのが、大判スカーフ。モデルのケンダル・ジェンナーが見せたスカーフの着回しが、夏のバケーションで大活躍しそう。

 ケンダルが着用したのは、ヴェルサーチェ(Versace)のBarocco Print Scarfという大判スカーフ。

 このスカーフをケンダルは頭に巻いて90sのトレンドを抑えたスタイルに。後頭部から風に揺れるスカーフで水着スタイルを華やかに仕上げた。

画像1: 水着のプラスにスカーフが使える
画像2: 水着のプラスにスカーフが使える

 さらにケンダルは、このスカーフをトップスとしても着回し。ワンショルダーのビキニトップを覆うようにスカーフを胸に巻きつけビスチェ風に。白のパンツと合わせれば、街にも出られそうなリゾートスタイルが完成。

画像3: 水着のプラスにスカーフが使える
画像4: 水着のプラスにスカーフが使える

 ヘアアクセサリーとして、トップスとして活用したケンダルの便利なスカーフの使い方は、ぜひマネしたい。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.