シンガーのセレーナ・ゴメスがエクササイズを兼ねてハイキングへ。彼女のそばにぴったりと寄り添っていたのは、今年に入って新たに家族に迎え入れた「ウィニー」だった。(フロントロウ編集部)

 出演映画『The Dead Don't Die(ザ・デッド・ドント・ダイ)』のプロモーション活動以降、再び、あまり公の場には登場せず、リラックスしたゆったりとした時間を過ごすというライフスタイルを謳歌しているセレーナ・ゴメスがロサンゼルス市内で友人たちとハイキングへ。

 オーバーサイズのTシャツにレギンス、真っ白なスニーカーといったラフな出で立ちで自然の中でのウォーキングを楽しんだセレーナの腕には、最近飼い始めた愛犬の「ウィニー(Winnie)」が大事そうに抱えられていた。

画像1: twitter.com
twitter.com

 セレーナがサプライズ出演した4月のコーチェラ・ミュージック・フェスティバルの舞台裏に同伴したことで、「セレーナの新しい愛犬なのでは?」とウワサされてきたウィニー。

 その後、セレーナの友人であるアンナ・コリンズのインスタグラムに登場し、写真には「Your local dog moms(近所のドッグ・ママたち)」というキャプションが添えられていたことで、セレーナがウィニーを新たな家族として迎え入れたことが明らかになった。

View this post on Instagram

Your local dog moms

A post shared by Anna Collins (@annaballins) on

 ウィニーの姿がパパラッチのカメラにとらえられるのは今回が初めて。ハイキングを終えて車に戻る途中には、セレーナがウィニー優しくキスをし、それに対してウィニーもセレーナの顔をペロリと舐めてお返しするという、まるでデートのようなラブラブな光景も見られた。

画像2: twitter.com
twitter.com
画像3: twitter.com
twitter.com

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.