ロイヤルファミリーのルイ王子が伝説のテニスプレーヤーから、あの「定番スニーカー」をプレゼントされた。(フロントロウ編集部)

英国王室のウィリアム王子キャサリン妃のもとに2018年4月に生まれ、今年で1歳になったばかりのルイ王子

画像1: ルイ王子、1歳にして「あのスニーカー」をテニス界の巨匠から直々にもらう

 ロイヤルファミリーの恒例行事として有名なウィンブルドンテニスの観戦は、おうちでお留守番だったルイ王子だけれど、ある人からのプレゼントが、ルイ王子の母キャサリン妃に直々に手渡されたよう。

 それは、伝説のテニス選手スタンレー・ロジャー・スミス! 1960年代から70年代にかけて活躍したスタンレーは、1987年に国際テニス殿堂入りを果たした。

 そして彼の名を今でも有名にし続けるものといえば、アディダスのスニーカー「スタンスミス」。彼が愛用したスニーカーということで、彼の名前を冠し、さらに彼の顔が描かれたこのスニーカーは、世界で一番売れたスニーカーとしてギネスブックに認定されている。

画像2: ルイ王子、1歳にして「あのスニーカー」をテニス界の巨匠から直々にもらう

 そんなスタンスミスの子供サイズに、スタンレー直筆のゴールドのサインが書かれたものを、スタンレー本人がキャサリン妃に手渡し。スタンレーはその後自身のインスタグラムで、「新しい靴を楽しんでね、ルイ王子!」とメッセージを送った。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.