ブライトカラーが人気だった夏も終わりに近づき、そろそろ秋を先取りしたい気分。落ち着いたブラウンやゴールドカラーがシックでオシャレな、海外で人気の「べっ甲ネイル」デザインを紹介。(フロントロウ編集部)

海外で人気の「べっ甲ネイル」ネイルデザイン

 「べっ甲」は、ウミガメの一種であるタイマイの甲羅から作られるもので、黄色やブラウンなどいろんな色合いや表情があるのが特徴。美しいので装飾品の材料としても重宝されている。

 べっ甲の色合いは秋にピッタリだから、海外でもいろんなべっ甲をモチーフにした「べっ甲ネイル」デザインがズラリ。次のネイルデザインの参考にチェックしてみて。

画像: 海外で人気の「べっ甲ネイル」ネイルデザイン

「べっ甲ネイル」

 べっ甲ネイルは、表面をツルッと仕上げるとそれっぽく仕上がるので、思いっきりツヤを出すのがポイント。

ハート×「べっ甲ネイル」

 クリアネイルをベースに、ハート型にべっ甲柄。定番のハート柄を、シックなべっ甲柄で取り入れるとオシャレ。

 ハート部分をクリアにしたデザインもかわいい。人差し指は、とろ~っと溶けたようなべっ甲柄のフレンチに。

「べっ甲ネイル」×ゴールド

 べっ甲柄に、ゴールドのホログラムもプラスしてゴージャスに。

 ゴールドのホログラムを、ドットのように配置してもかわいい。

ブライトカラー×「べっ甲ネイル」

 夏の終わりに取り入れるなら、夏らしさも感じさせるオレンジのブライトカラーに、べっ甲ネイルをMIXさせてるのも◎。

ハーフの「べっ甲ネイル」

 指がほっそりと長く見える、半分だけべっ甲柄にしたネイルデザイン。

秋色単色フルカラー×「べっ甲ネイル」

 秋らしいベージュ、ボルドー、ブルーの単色ネイルに、べっ甲ネイルも指2本ずつプラス。

「べっ甲ネイル」セルフでの作り方【動画】

 べっ甲ネイルをセルフネイルで作る方法を紹介。ベースカラーに半透明のキャラメルカラー、その上、バランスを見ながら薄いブラウン、続いてブラックブラウンを重ねて、べっ甲の柄を描く。仕上げにはトップコートを塗り、ツヤツヤに仕上げて。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.