プラスサイズモデルの先駆者的存在であるアシュリー・グラハムが夫との待望の第1子を妊娠したことを報告。(フロントロウ編集部)

幸せオーラ全開で妊娠を発表

 プラスサイズモデルの代表格として、数々のハイブランドの広告に起用され、ファッションショーのランウェイを歩いたりと、ファッション界における“ぽっちゃり体型”の女性に対する意識改革に大きく貢献してきた1人として知られるモデルのアシュリー・グラハム(31)。

画像: 左から:Michael Korsの2018年秋冬コレクション、Christian Sirianoの2019年秋冬コレクション、Prabal Gurungの2019年秋冬コレクションのランウェイ。

左から:Michael Korsの2018年秋冬コレクション、Christian Sirianoの2019年秋冬コレクション、Prabal Gurungの2019年秋冬コレクションのランウェイ。

 世の中に蔓延してきた「美しさ=痩せていること」という誤った美の基準に異論を唱え続け、他のふくよか体形のモデルたちが、プラスサイズの枠にとらわれず、さまざまな分野で活躍する礎を築いたと言っても過言ではない彼女が、プライベートでの嬉しいニュースを報告した。

 アシュリーは、2010年に結婚した夫で映画監督のジャスティン・アーヴィンとの結婚9周年目の記念日にインスタグラムに投稿した動画の中で第1子の妊娠を報告。

 「サプラーイズ! 」と、大きくなったお腹を撫で、ジャスティンとキスを交わすアシュリーの笑顔は、幸せそのもの。この動画にアシュリーは、こんなコメントを添えて、ジャスティンへの愛とベビーを迎えることができる喜びを語った。

「9年前の今日、私は人生最愛の人と結婚した。世界で一番お気に入りの相手とのこれまでの冒険は最高だったわ!そして、今日、私たちは新しい家族を迎えられることに、幸せと感謝と興奮でいっぱいです! 結婚記念日おめでとう、ジャスティン。人生はこれからさらに素晴らしいものになるわ」

 いつもは体形をアピールするため、比較的タイトな装いが多いアシュリーだが、妊娠発表の2週間ほど前に出席した産後ケア用品ブランドのローンチイベントでは、胸下からふんわりと広がるブラックのベビードール風ワンピースを着用。この時はお腹の膨らみは目立たなかった。

画像1: 幸せオーラ全開で妊娠を発表
画像2: 幸せオーラ全開で妊娠を発表

 もしかしたら、この時は、今回の妊娠発表のサプライズが薄れないように、ふんわりシルエットでお腹をカバーしていた? 

 アシュリーの妊娠報告には、モデル仲間のエミリー・ラタコウスキーやシャネル・イマン、シンガーのリタ・オラや女優のケイト・ボスワースらセレブからもたくさんのお祝いのコメントが。

 さらに、夫のジャスティンはこの投稿に「愛してるよ、ベイブ(アシュリーのこと)。そして、君のことも愛してるよ、ベイビー(赤ちゃんのこと)」と何とも可愛らしい愛のメッセージを残している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.