ウィットニー・カミングスが、自身のヌード写真を流出させるとの脅しに、まさかの対応を取った。(フロントロウ編集部)

ウィットニー・カミングスのヌード写真

 ウィットニー・カミングスは、インスタグラムのフォロワー約90万人を誇る人気コメディアンであり俳優。そんな彼女が、自身のヌード写真を巡ってSNS上で恐喝の被害に遭ったことを、ツイッターで告白した。

「4月に、インスタストーリーを投稿したときに乳首が写ってしまったの。それに気がついて、投稿はすぐに削除した。そうしたら、そのスクリーンショットを取った人たちが、私からお金を取ろうとしてきた。その写真を買い取れって言ってきたり、流出させない代わりにお金を払えって言ってきたりね」

 しかしウィットニーは、その恐喝に対して確固たる意志で対応。彼女を恐喝してきた人々を一刀両断し、なんと、自ら渦中のヌード写真を公開した。

「私がすごく有名だって誤解しているうえに、私が簡単にビビるタイプだと思ってるんだね。私の乳首で誰かがお金やいいねの数を稼ぐとしたら、それは私! だからその時の写真をここに貼るわ、キモオタめ」

 自分の身体の主導権を自分で握ったウィットニーには称賛の嵐が。さらには、ツイッター上で# istandwithwhitney(私はウィットニーの味方)というハッシュタグも作られ、ウィットニーを支持する人々から多くのメッセージが寄せられた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.