12年間連続で放送が続いている『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』で、家族のプライベートを見せているカーダシアン家。三女クロエの恋人と五女カイリーの親友の浮気騒動に焦点があてられた最新シーズン16の最終話は、ここ3年で最高の視聴率を記録した。そんな衝撃のエピソードが、ついに9月1日よりdTVで日本初配信される。(フロントロウ編集部)
画像: シーズン16の視聴はコチラをクリック
シーズン16の視聴はコチラをクリック

トリスタンとジョーディンの浮気騒動とは

 三女クロエの恋人であるNBA選手のトリスタン・トンプソンと、五女カイリーの親友であるジョーディン・ウッズが、ハウスパーティーで朝までイチャついていたという目撃情報が噴出。

画像: 左から、トリスタン、クロエ、カイリー、ジョーディン。

左から、トリスタン、クロエ、カイリー、ジョーディン。

 トリスタンは「フェイクニュース」とウワサを否定するツイートを投稿して削除。浮気発覚から約1週間後にジョーディンがカーダシアン家の知人でもある女優のジェイダ・ピンケット・スミスのトーク番組『レッド・テーブル・トーク』に出演。トリスタンのひざの上に座っていた、彼の脚の間に座っていた、イチャついていたなどのウワサを完全否定したが、自身の脚を彼の脚の上に置いていたことと、帰り際に彼に唇にキスされたことを認めた。

画像: 知人であるジェイダ(右)のトーク番組で騒動について説明するジョーディン(左)。©Red Talk Table/Facebook

知人であるジェイダ(右)のトーク番組で騒動について説明するジョーディン(左)。©Red Talk Table/Facebook

 前年にトリスタンとのあいだに娘トゥルーちゃんが生まれたばかりだったクロエは、この事件の後にトリスタンと破局。カイリーと同居していたジョーディンは、カイリー宅を出て行き、10年以上も家族のような関係を持っていたカーダシアン家と絶縁した。

画像: クロエはトリスタンと別れ、現在は1人娘トゥルーちゃんと暮らしている。©Khloe Kardashian/Instagram

クロエはトリスタンと別れ、現在は1人娘トゥルーちゃんと暮らしている。©Khloe Kardashian/Instagram

『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』日本での視聴方法
月額500円(税抜)で全作品が見られるdTV内のE!Zoneチャンネルでシーズン8以降の全エピソード(※)が視聴可能。初回31日間おためし無料。※シーズン16の最後の2エピソード(11~12話)は9月1日より配信。
dTVの無料お試しに登録

シーズン16最終2話で分かった5つの衝撃情報

日本で9月1日からdTVで独占初配信される『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』シーズン16の第11~12話で明かされた情報をピックアップ。

1. 濃厚キス?ひざに座った?言い分が食い違う

 カーダシアン姉妹が浮気説を初めて耳にしたとき、キムは番組カメラの前。キムはすぐに当事者であるクロエとカイリー、そして長女コートニーと四者通話を行なうのだが、姉妹たちは「ジョーディンと話した?」「絶対おかしい」「ジョーディンから電話だわ」と、慌てふためきながら状況確認をしようとする。

画像1: シーズン16最終2話で分かった5つの衝撃情報

 このシーンで印象的だったのが、ジョーディンがトリスタンの脚の間にいた(ひざに座っていた)ことを電話で直接認めたとクロエが明かしていること。ジョーディンはのちにこれを否定しており、クロエはこれについて番組で、「電話で話したときとは違って話を小さくしている」と切り捨てた。

画像2: シーズン16最終2話で分かった5つの衝撃情報
画像3: シーズン16最終2話で分かった5つの衝撃情報

 さらにあるシーンでは、クロエが「even if it was just a peck, which it wasn’t(チュッ程度のキスであっても…実際そうじゃなかったけど)」と発言。ジョーディンは一瞬のキスだったと主張しているが、姉妹の認識は違うことがわかる。


2. カイリーはジョーディンに出ていくようには言わなかった

 2019年で22歳になるカイリーとジョーディンは中学時代からの親友で、番組内では、2人だけでなく、クロエや一家の母クリスなど、ほかの家族もどれだけジョーディンと親しかったが明かされた。

画像4: シーズン16最終2話で分かった5つの衝撃情報
画像5: シーズン16最終2話で分かった5つの衝撃情報

 ジョーディンはカイリーがラッパーのトラヴィス・スコットや娘ストーミちゃんと暮らす家の離れで暮らしていたが、事件後すぐに退居。一部ではカイリーが追い出したという報道もあったが、番組ではカイリーが、「自分から出ていった。私は何も言ってない」と、本人もまだ状況をつかめていない様子でジョーディンの退居について母に明かす姿が放送された。

画像6: シーズン16最終2話で分かった5つの衝撃情報

3. クロエとトリスタンの破局は、浮気が引き金だった

 事件後のトーク番組で、「2人が別れたのは、私のせいじゃない」と語ったジョーディン。カーダシアン家いわく、この部分は半分事実で半分事実ではない。事実の部分は、クロエとトリスタンが問題を抱えていたということ。実際にこれは、クロエも番組で認めている。

画像7: シーズン16最終2話で分かった5つの衝撃情報

 ただ、クロエとトリスタンが別れたのはジョーディンとのキスがきっかけだったことは紛れもない事実。事件が起きた当時、クロエはトリスタンと暮らす家を大改装して彼や娘とそこで暮らすことを楽しみにしていた。しかし浮気が発覚してトリスタンと破局。その後トリスタンはクロエとやり直そうと懺悔を繰り返したが、クロエは裏切りを理由に彼を切り捨てた。

画像8: シーズン16最終2話で分かった5つの衝撃情報

4. カイリーは姉に味方、しかし親友への“イジメ”には苦言

 親友ジョーディンの裏切りについて、「一体何を考えていたの」「言葉がない」などと、まさにあ然としていたカイリー。騒動後もジョーディンと連絡を取っていたとはいえ、「(ジョーディンは)クロエとの和解が先」と言って、姉への忠誠心を明確にした

画像9: シーズン16最終2話で分かった5つの衝撃情報

 一方で、ジョーディンへの対応を巡って、カイリーが姉たちを叱るシーンも。コートニー、キム、クロエは事件後の気晴らしとして週末旅行に出るのだが、その道中で流れてきたブランディの曲「フー・イズ・シー・トゥ・ユー」をみんなで熱唱。その様子をSNSに投稿したところ、浮気についての曲だったため、世間では“ジョーディンへの嫌味”と騒がれた。これを知ったカイリーはすぐにキムに電話して、「私たちはもっと立派な人間よ」と、泣きながらそういった行為をやめるようお願いした。

画像10: シーズン16最終2話で分かった5つの衝撃情報
画像11: シーズン16最終2話で分かった5つの衝撃情報

5. ジョーディンがクロエに謝ることはなかった

 カーダシアン姉妹を最も怒らせているのは、ジョーディンがクロエに一度もきちんと謝らなかったこと。ジョーディンが怯えないように「電話でもメールでも優しく冷静に話した」というクロエだけれど、きちんとした説明や謝罪がないままジョーディンがトーク番組に出演し、クロエは「彼女は私に謝罪してないのよ。浮気の発覚以来、一度もね。でもインタビューは受けるっていうの」と激怒した。

画像12: シーズン16最終2話で分かった5つの衝撃情報
画像13: シーズン16最終2話で分かった5つの衝撃情報

 「謝らない」ことのおかしさはほかの姉妹も口々に意見しており、キムは、「私ならすぐにクロエの家に行ってとにかく必死で謝り続ける」と語った。

  シーズン16の第11話と12話で浮気騒動にフォーカスし、フィナーレだった第12話はシリーズにとってここ3年の最高視聴率を記録するほど、アメリカでは注目度が高かった。

 そんな2エピソードは、dTVにて9月1日より日本独占初放送される。

 ちなみに騒動を静観していたカイリーは数ヵ月後に、ジョーディンをSNSでアンフォロー。その背景は次のシーズン17で明かされると見られており、引き続き『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』への注目が集まっている。

『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』
シーズン8~16がdTVのE!Zoneチャンネルで独占配信中
最新のシーズン16の視聴はコチラから
米放送局E! Entertainmentチャンネルの日本版E! ZONEは、月額500円(税抜)で全作品見放題の動画・映像配信サービスdTV内にて視聴可能。
dTV内のE!Zoneチャンネル作品一覧はコチラから

(フロントロウ編集部)




この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.