セレブやプロのメイクアップアーティストも愛用している、濡らして使う卵型のメイクスポンジ「ビューティブレンダー」。使っていない人はいないというほど、セレブ界で愛用されているメイクスポンジだけれど、ファンデーションなどのメイクをつけるのに使うだけではなく、ほかにも優れた使い道があるという。海外のプロが裏技を紹介。(フロントロウ編集部)

スキンケアを肌になじませる

 化粧下地やファンデーションなどを薄く均一に塗ることができ、化粧の持ちもアップするメイクスポンジの「ビューティブレンダー」は、ビヨンセの専属メイクアップアーティストをはじめ、セレブやプロのメイクアップ・アーティストの間でメイクに欠かせない人気アイテムとなっている。

 ファンデーションや化粧下地、コンシーラーに使う人が多いけれど、じつはスキンケアで使っても優れた効果が期待できるのだそう。

 人気モデルのヘイリー・ビーバーや俳優のリリー・コリンズら、人気セレブのメイクを手掛けるメイクアップ・アーティストのヴィンセント・オケンドは、「顔に美容液やオイルを塗るのに最適なんだ」と米メディアPopsugarにコメント。メイク前のスキンケアにビューティブレンダーを取り入れることをオススメしている。

 コツは、ファンデーションを塗るときと同じように、事前にビューティブレンダーに水をしっかり含ませておくこと。ヴィンセントは、「スポンジが最初に濡れていることを確認して。濡れていれば、美容液などの他の液体をスポンジが吸収しない」とアドバイス。

画像: スキンケアを肌になじませる

 ファンデーションもビューティブレンダーを使うほうがしっかりと肌に密着させてなじませることができるので、美容液をはじめスキンケアにもビューティブレンダーが使えるというのも納得。

日焼け止めの塗り直し

 日焼け止めは数時間ごとに塗りなおす必要があるけれど、メイクをした上に日焼け止めクリームを重ねるとメイクが崩れがち。ヴィンセントは、日焼け止めの塗り直しにもビューティブレンダーが使えると明かした。

画像: 日焼け止めの塗り直し

 日焼け止めをメイクの上に重ねたら、ヴィンセントは「けっして日焼け止めを横に伸ばすように動かしてはいけない。スポンジをポンポンとはねさせるようにつけてみて。日焼け止めの下のメイクの土台はそのまま残る」と、上手に日焼け止めを塗りなおす方法をアドバイスしている。

 指で仕上げるよりも肌にしっかりファンデーションをなじませることができるビューティブレンダーだけに、幅広い使い方ができるよう。日本にも上陸しているので、スキンケアにもどんな変化があるのか試してみては。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.