ウィル・スミスとマーティン・ローレンスがW主演した人気映画『バッドボーイズ』シリーズの最新作『バッドボーイズ フォー・ライフ』の予告編が解禁された。(フロントロウ編集部)

最強の刑事コンビ再び

 『トップガン』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』といったヒット作を世に送り出したプロデューサーのジェリー・ブラッカイマーと、『トランスフォーマー』などド派手なアクション映画を得意とするマイケル・ベイ監督がタッグを組み、大ヒットを収めた1995年の映画『バッドボーイズ』。米フロリダ州マイアミを舞台に、ウィル・スミスとマーティン・ローレンスがW主演した同作は、カーアクションと銃撃戦をたっぷり盛り込んだ体当たりのアクションで大ヒット。

 2003年に続編『バッドボーイズ 2バッド』が公開され、同シリーズ作はジェリーとマイケルによるコンビの金字塔を打ち立てた。

 そして2020年。ジェリーが、2018年の米Varietyによる「観るべき10人の監督たち」に選出されたアディル・エル・アルビ&ビラル・ファラー監督コンビを迎え、再び『バッドボーイズ』コンビを結成。ウィルとマーティンも、再びタッグを組んで“バッドボーイズ”が復活する。

 最新作『バッドボーイズ フォー・ライフ』では、ブランド物のスーツを着こなし、ポルシェをカッ飛ばすウィル演じるマイク・ローリーと、危険な職務に臨むより家族が大切だとして引退を真剣に考えているマーティン演じるマーカス・バーネットが、最後の捜査を行なう。

 1作目当時27歳のウィルも今年で51歳。当時31歳だったマーティンも54歳と、もう若くはない体を振り絞ったアクションシーンでは、マーカスが老眼鏡に感動する年齢をネタにしたユーモアあふれるシーンも。

 さらには、本作でシリーズに参加するヴァネッサ・ハジェンズやチャールズ・メルトン、アレクサンダー・ルドウィッグの姿も予告編で見ることが出来る。

 そんな映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』は2020年1月17日に全米公開。日本では2020年内に公開される。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.