『ゲット・アウト』や『パラノーマル・アクティビティ』など数々の名作を生み出してきたプロデューサー、ジェイソン・ブラムの最新ホラー映画『ブラック・クリスマス(Black Christmas)』の予告が公開された。(フロントロウ編集部)

ジェイソン・ブラム製作のホラー映画

 注目が集まるホラー映画『ブラック・クリスマス(Black Christmas)』は、女子学生たちを主人公にした連続殺人の奇怪な事件を描いている。

画像: Black Christmas Trailer #1 (2019) | Movieclips Trailers www.youtube.com

Black Christmas Trailer #1 (2019) | Movieclips Trailers

www.youtube.com

『BlackChristmas』あらすじ

 12月。学校は冬休みに突入し、今年も楽しいクリスマスがやってきた。陽気なクリスマスソングが流れるパーティーで、学生たちは大はしゃぎ。そんな中、不穏な空気が流れ始め、謎の人物からの恐怖の電話とともに謎の失踪を遂げる仲間たち。女子学生はおぞましい連続殺人事件の真相を突き止めるべく、手をとり武器をとり立ち上がる…。

 本作品のプロデューサーは『ゲット・アウト』『パラノーマル・アクティビティ』『セッション』『ブラック・クランズマン』などを次々に企画したジェイソン・ブラム。アカデミー賞ノミネートの常連で、世界に名をはせるヒットメーカー。『ブラック・クランズマン』ではアカデミー脚色賞、『ゲット・アウト』ではアカデミー脚本賞など、脅威の受賞率で映画界を驚かせている。
 そして監督は、2011年に米Filmmaker Magazineにて「新人監督25」に選ばれたアメリカの女性映画監督ソフィア・タカール。

 名プロデューサーのジェイソン・ブラムと新進気鋭映画監督とのタッグは、ホラー映画のみならず、すべての映画ファンから期待されている。

 また、ソフィアは特に女性同士の愛憎劇を描くのが得意だという。女子学生たちの激突するパッションの描かれ方は必見。2人の才能がぶつかり合い、化学反応を起こすことはできるのだろうか。

『Black Christmas』出演者

 そんな『Black Christmas』には、ドラマ『STAR/夢の代償』出演のブリタニー・オグラディ、映画『ニード・フォー・スピード』などに出演のイモージェン・プーツ、映画『ソウ』などに出演のケイリー・エルウィスなどが登場。

画像1: 『Black Christmas』出演者

 主演の1人であるブリタニーは現在23歳。2019年公開の映画『アバーブ・サスピション』でエミリア・クラークやジャック・ヒューストンと共演し、グラミー賞ノミネート経験があるサラ・バレリスとの新ドラマの計画も進行中。いま、波に乗っている要チェックな若手女優といえる。

画像2: 『Black Christmas』出演者

 また、本作品は、ドラマ『ストレンジャー・シングス』やドラマ『サブリナ:ダーク・アドベンチャー』など人気上昇中のジャンルである「ホラーアドベンチャー」作品として注目されている。

 『Black Christmas』がもとにしているのは、1974年に公開されたカナダのサスペンス・スリラー映画『暗闇にベルが鳴る』。アメリカやカナダではトップクラスに有名な怖い話「殺人ベビーシッター」の都市伝説がモチーフになっている。

 オリジナル版の出演者は、布施明の元妻であるオリヴィア・ハッセーや『2001年宇宙の旅』で船長役だったキア・デュリア、『燃えよドラゴン』でローパー役のジョン・サクソンなど、一世を風靡した名優ぞろい。新作は果たして、旧作ファンのお眼鏡にかなうのだろうか。

 クリスマスにちなんだ本作品は2019年の12月13日(金)全米公開という、超名作ホラー映画『13日の金曜日』を連想させる公開日となっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.