9月9日にテレビ映画『ディセンダント3』のファンミーティングが行なわれ、マル役のダヴ・キャメロンとジェイ役のブーブー・スチュワートが登場した。(フロントロウ編集部)

ダヴとブーブー、日本語で挨拶

 9月13日にディズニーデラックスで先行配信され、今秋にディズニー・チャンネルで放送を控えるシリーズ最新作『ディセンダント3』の主演キャストであるダヴ・キャメロンブーブー・スチュワートが来日。9月9日に都内で行なわれたファンミーティングに登場した。

画像1: ©Frontrow

©Frontrow

 ダヴ演じるマル、ブーブー演じるジェイ、ソフィア・カーソン演じるイヴィ、そして故キャメロン・ボイス演じるカルロスの横断幕が掲げられたステージに、ファンは開演前から大興奮の様子。コスチュームに身を包んだファンも多く、人気の高さが伺えた。

 カウントダウンが始まると、会場からは割れんばかりの歓声が上がり、ダヴとブーブーの登場で会場のボルテージはマックスに!

画像2: ©Frontrow

©Frontrow

画像3: ©Frontrow

©Frontrow

 黄色い歓声を浴びながら登場したダヴは、「愛してます」と日本語で挨拶し、「日本に来られて嬉しい。世界のなかで本当に好きな場所よ」とコメント。ブーブーも「日本のファンはとってもスイートだね」と話し、日本語で「ありがとうございます」と挨拶。丁寧にお辞儀した。

『ディセンダント3』好きなシーンは?

画像4: ©Frontrow

©Frontrow

 イベント中に『ディセンダント3』で好きなシーンを聞かれたダヴは、楽曲「Good to Be Bad」がお気に入りだとコメント。ここでは、ブーブーからキャメロン・ボイスのエピソードが登場。同曲のダンスブレイクのシーンに当初出演する予定はなかったというブーブーとキャメロンだけれど、あまりにもかっこいいダンスシーンだったため「僕たちも出たい!」と監督に頼み込んで、そのシーンに出演させてもらったことを明かした。

会場には、キャメロンへのメッセージボードが設置されており、多くのファンが想いを綴った。

日本文化にも興味津々!

 ダヴはシリーズ前作である『ディセンダント2』のジャパンプレミア開催時に初来日しており、今回は2度目の来日。一方ブーブーにとっては今回が初来日。初めて食べたという「和朝食が超美味しかった」と話したブーブーは、日本のカルチャーに興味津々のようで、プリクラが気に入ったとも話していた。

画像5: ©Frontrow

©Frontrow

画像6: ©Frontrow

©Frontrow

 2人は訪れた原宿で綿菓子もゲット。

画像7: ©Frontrow

©Frontrow

 また、途中トークコーナーでは「好きなヴィラン」の話題に。日本人ゲストが、好きなキャラクターにフック船長を挙げると、ダヴは劇中でフック船長の子供ハリーを演じる俳優で恋人のトーマス・ドハーティのことを思い出したのか、胸に手を置きながら大きく頷く場面も。

タピオカで鏡開き

 また、『ディセンダント3』の大ヒット祈願として、日本で今年大ヒットしたタピオカドリンクにあやかり、登壇者全員で日本酒…ではなく、タピオカドリンク入りの樽で鏡開き。

画像8: ©Frontrow

©Frontrow

画像9: ©Frontrow

©Frontrow

 お互いを家族のようだと話す『ディセンダント』シリーズのキャストたち。今回のイベント中でも、ダヴは、ブーブーをひとことで「ブラザー」と表現し、腰が痛そうにしているダヴにクッションを渡してくれたという当日のエピソードを披露。

画像10: ©Frontrow

©Frontrow

 そんなお兄さん的一面をもつブーブーだけれど、イベントが進行するときにはダヴが、「私たちはまだステージに残るのよ」とブーブーに次の流れを指示するなど、普段からお互いを支え合っている2人の仲の良さが垣間見られた。

画像11: ©Frontrow

©Frontrow

画像12: ©Frontrow

©Frontrow

 ダヴとブーブーが出演するテレビ映画『ディセンダント3』は、Disney DELUXEで9月13日(金)から先行配信。また、全国のケーブルテレビおよびBS・CS放送などで放送中のディズニー・チャンネルでこの秋に放送される。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.