トレンドの濡れ感とツヤ感を与えてくれる、人気のクリームアイシャドウ。そのまま塗る以外にも優れた使い道があるという。海外のメイクのプロが紹介した。(フロントロウ編集部)
画像: リリー・コリンズ

リリー・コリンズ

アイシャドウベースの代わりに

 しっとりした質感と、指でカンタンに扱えることから、多くのメイクアップ・アーティストも愛用しているトレンドの「クリームアイシャドウ」。一般的にはそのまま単色使いが広く浸透しているけれど、実はアイシャドウベースとして使っても優れた効果を発揮するという。

メリット① コスパ抜群!

 人気モデルのカーリー・クロスや俳優のリリー・コリンズら、人気セレブのメイクを手掛けるメイクアップ・アーティストのヴィンセント・オケンドは、「クリームアイシャドウは、そのままでも使えるし、アイシャドウベースとしてもアイメイクの持ちを良くしてくれる「コスパ抜群のアイテム」と米メディアwmagazineにコメント。

 クリームアイシャドウはさまざまな用途に使えるため、メイクポーチに忍ばせておくと何かと便利なのでオススメだという。

メリット② 重ねメイクができる!

 基本的にベージュや無色が多いアイシャドウベースと違って、多彩な色をもつクリームアイシャドウ。ヴィンセントは「クリームアイシャドウのもうひとつの魅力が、色味までコントロールできるところ。手持ちのパウダーアイシャドウと塗り重ねるだけで、また違った色やニュアンスを楽しめる」と明かした。

画像: メリット② 重ねメイクができる!

 パウダーアイシャドウ単体だと主張が強すぎるカラーでも、ブラウンやブラックのクリームアイシャドウを色の下地に使うことで、トレンドのくすみカラーにすることもできるという。

 海外のプロにも絶賛されているアイテムなだけに、幅広い使い方ができるクリームアイシャドウ。アイメイクで遊びたくなったら、試してみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.