2017年に発表された、小説家アガサ・クリスティの名作ミステリー小説の映画化『オリエント急行殺人事件』の続編にあたる映画『ナイルに死す』のキャストが公開された。(フロントロウ編集部)

ケネスのポアロ、シリーズ化

 2017年、ケネス・ブラナーが名探偵ポアロを演じ、ジョニー・デップやミシェル・ファイファー、ジュディ・リンチが共演したことで脚光を浴びた映画『オリエント急行殺人事件』。その続編となる映画『ナイルに死す』のアメリカ公開日が2020年10月9日に設定され、キャストも発表された。

画像: 2017年『オリエント急行殺人事件』より

2017年『オリエント急行殺人事件』より

 監督・主演は、俳優と監督の両方において第一線で活躍しているケネス・ブラナーが続投。前作『オリエント急行殺人事件』では、時代を超えて愛される名探偵エルキュール・ポワロを演じ、トレードマークである、きゅっと上がった豊かな口髭を披露してくれた。

 また、今回発表されたキャストにはDC映画『ワンダーウーマン』のガル・ガドット、マーベル映画『ブラックパンサー』のレティシア・ライト、映画『君の名前で僕を読んで』のアーミー・ハマー、映画『キッズ・オールライト』のアネット・ベニング、映画『きっと、うまくいく』のアリ・ファザル、ドラマ『セックス・エデュケーション』のエマ・マッキー、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のローズ・レスリーなど、多くのスターが。

画像: ケネスのポアロ、シリーズ化

 ガルは今回のキャスティングに対しツイッターでコメント。「容疑者となる才能あふれるキャストの皆さんと、素晴らしいケネスの映画『ナイルに死す』に参加できることにワクワクしています」と喜びを表した。

 原作小説の『ナイルに死す』は、小説家のアガサ・クリスティが1937年に発表した推理小説。私立探偵のエルキュール・ポワロがナイル川をさかのぼる観光船に乗り込んだ際に起きた殺人事件を解決するというストーリーとなっている。

 前作『オリエント急行殺人事件』のラストに、『ナイルに死す』へのつながりを感じさせる演出があったため、続編の製作が決定したことに喜んでいるファンも多い。

 ロケは、ロンドンとエジプトで行われるもよう。プレス・リリースの際にケネスが「情熱的な犯罪は、危険でセクシーだ」と述べたように、映画『ナイルに死す』は情熱的でセクシーな作品に仕上がるのか、期待が高まる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.