シンガーのジャスティン・ビーバーと挙式したモデルのヘイリー・ビーバーの結婚式での「パパラッチ対策」が徹底していた。(フロントロウ編集部)

「あの食材」を彷彿とさせる装置で身を隠す

 世界中のメディアの注目を集めたジャスティン・ビーバーと妻ヘイリー・ビーバー(旧姓ヘイリー・ボールドウィン)の結婚式。

 会場となったサウスカロライナ州にあるラグジュアリー・リゾートホテル「モンタージュ パルメット・ブラフ(Montage Palmetto Bluff)」には、ビーバー夫妻の晴れ姿を撮影しようと血眼になるパパラッチが陸にも上空にも押し寄せるなか、この日、ジャスティンとヘイリーはおろか招待客たちの姿を収めたパパラッチ写真や動画は、ごくわずかしか出てこなかった。

 徹底した対策を講じてプライバシーを死守した夫妻だったが、花嫁のヘイリーが上空からカメラのレンズを光らせるパパラッチの目を欺くために取った方法が、「気合い入りすぎ」、「最高!」とファンたちを唸らせている。

 その方法がコチラ。

画像: www.instagram.com
www.instagram.com

 セレモニーが行なわれたチャペルへ向かう際、4人の男性に支えられた真っ白な正方形のテントに入って敷地内を移動し、上空をヘリコプターで旋回するパパラッチにウェディングドレス姿を撮影されるのを断固としてブロックしたヘイリー。

 日本人的な見解かもしれないが、その光景は、四角い「豆腐」がズルズルと移動する様子を彷彿とさせる。

 この「豆腐風テント」のおかげで、ヘイリーのウェディングドレスの全貌は、未だ公表されていない。

 ちなみに、ヘイリーはこの時の写真を紹介して「天才的」と自身を褒め称えた友人スタイリストの投稿をインスタグラムストーリーで引用。

 中指を立てる絵文字を添えて「ヘリコプターへのご挨拶よ」とコメントしていた。

画像: ©Hailey Bieber/ Instagram

©Hailey Bieber/ Instagram

(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.