マイケル・コースの飢餓撲滅を目指した慈善活動ウォッチ・ハンガー・ストップに、アカデミー賞受賞女優であるルピタ・ニョンゴが参加することが発表された。(フロントロウ編集部)

 ウォッチ・ハンガー・ストップは、国連WFPと同団体が運営するスクール・ミール・プログラムを支援して7年目を迎える。マイケル・コースは、サポートを始めてからこれまで1,800万食以上を提供してきた。

画像1: マイケル・コースの慈善活動ウォッチ・ハンガー・ストップ、女優ルピタ・ニョンゴが参加

 ルピタ・ニョンゴはこの活動に参加した理由を次のように説明。

「このウォッチ・ハンガー・ストップをサポートを誇りに思います。飢餓問題を解決することに目を向け、個々の行動を喚起し勇気づけているからです。ウォッチ・ハンガー・ストップが行う学校給食の支援は、恵まれない生徒達を直接的に手助けできることに意味があります。生徒達が食事をできることで、学校でより高いパフォーマンスが実現でき、それは人生において素晴らしい機会を得ることにつながります。こうした活動により、マイケル・コースと国連WFPは日々女性たちや少女たちに可能性を与えているのです」

画像2: マイケル・コースの慈善活動ウォッチ・ハンガー・ストップ、女優ルピタ・ニョンゴが参加

 今年のウォッチ・ハンガー・ストップ キャンペーンのテーマは、“FOOD IS LOVE”。この言葉はマイケル・コースが、なぜこの問題に取り組むのかと問われた時によく口にする言葉。子どもたちの成長のために食事を提供し、子どもたちの夢や希望を共有することは、世界中で自分の道を切り拓くためのサポートをするということ。

画像3: マイケル・コースの慈善活動ウォッチ・ハンガー・ストップ、女優ルピタ・ニョンゴが参加

 食糧供給が不安定な地域の子どもたちに、成長と繁栄に必要な栄養として、学校給食を提供。また学校給食の提供だけでなく、子どもたち、とくに女の子たちを学校へ行かせる手助けとして特別支援を提供する。

 マイケル・コースも以下のようにコメントを発表。

「食はシンプルで必要不可欠なもの。しかし飢餓を解決するには思慮深く考える必要があります。私たちは何年にもわたり国連WFPが運営するスクール・ミール・プログラムを支援しています。国連WFPはコミュニティを強くし自立することに重きをおいているからです。彼らはまた、女性や少女たちに貧困のサイクルを打ち破る機会を与えています。ゼロ・ハンガー(飢餓撲滅)のために一緒に仕事ができることを光栄に思います」

LOVE T-SHIRT AND TOTE

 10 月16日の世界食糧デーがある10 月は、ウォッチ・ハンガー・ストップ活動強化月間として、マイケル・コースは毎年国連WFPへ一層のの基金を募るために特別にデザインされた限定商品を発表。

 今年は“LOVE”という言葉をTシャツとトートバッグに施した商品を製作。“LOVE”Tシャツとトートバッグは、公式オンラインストア、及び一部のマイケル・コース ストアで10 月1 日より世界で一斉に発売される。

画像: ウォッチ・ハンガー・ストップ LOVE T シャツ 各¥8,000 (税抜)

ウォッチ・ハンガー・ストップ LOVE T シャツ 各¥8,000 (税抜)

 さらに、購入者がこれらの商品を着用して自身の写真を撮り、ハッシュタグ#watchhungerstopをつけてオンライン上へ投稿すると、追加で100食の学校給食が国連WFPへ寄付される。このユニセックスTシャツ1枚、トートバッグ1点を売上げる毎に、マイケル・コースは国連WFPを通して助けを必要とする子どもたちにすべての利益を寄付する*1。

画像: ウォッチ・ハンガー・ストップ LOVE トートバッグ(ラージ) ¥9,000 (税抜) (H18 x W41 xD2cm)

ウォッチ・ハンガー・ストップ LOVE トートバッグ(ラージ) ¥9,000 (税抜) (H18 x W41 xD2cm)

*1 プログラム詳細
ウォッチ・ハンガー・ストップLOVE Tシャツ1 枚、またはトートバッグ1点をお買い上げ毎に、マイケル・コースは売上げ利益のすべて(約100食分=$25相当)を国連WFPへ寄付します。さらにご購入された方がこれらの商品を着用してセルフィー(自身の写真)を撮り、ハッシュタグ#watchhungerstopをつけてオンライン上へ投稿すると追加で100 食($25相当)の学校給食が国連WFPへ寄付されす。マイケル・コースは2020年3月31日までに最大200万食を国連WFPに寄付します。国連WFPが製品またはサービスを推奨することはありません。

ウォッチ・ハンガー・ストップ
ウォッチ・ハンガー・ストップは、世界中のゼロ・ハンガー(飢餓撲滅)を達成するために、基金を募り、認知向上を助けるために2013 年に設立された。国連ワールド・フード・プログラム(以下国連WFP)と協業し、集められた寄付金は国連WFP が運営するスクール・ミール・プログラムへ寄付される。2015 年、マイケル・コースは国連WFP の親善大使に任命され、翌2016 年にはマクガバン-ドール リーダーシップ・アワードを国連WFP USA より受賞。飢えの危機を軽減させる努力を讃えたもの。

お問い合わせ先:マイケル・コース カスタマーサービス 03-5772-4611

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.