デロリアン・モーター・カンパニーは、ルシード・モータース社製高級セダンEV「ルシードエア」の予約受付を開始。(フロントロウ編集部)

ルシード・モータース(Lucid Motors) 
ルシード・モータースは米国カリフォルニア州メンロパークに本拠地を置く新鋭電気自動車(EV)スタートップで2007年に設立。2016年12月にはEV市販モデルであるルシードエアを正式発表。創業者のBernard Tseは元テスラモーターズ副社長であり、CEO兼CTOのPeter Rawlinsonも、あのテスラ・モデルSを手掛けたデザイナー。EVメーカーとして世界をリードするテスラ、日本自動車メーカーやその他世界の大手自動車メーカーからも多くの優秀な人材を集めている。

画像1: ルシード・モータース新高級セダンEVが予約スタート!仮想通貨で購入可能
画像2: ルシード・モータース新高級セダンEVが予約スタート!仮想通貨で購入可能

ルシードエア

 セダンEV「ルシードエア」ルシードエアは、美しいラグジュアリーな外装デザイン、エレガントな内装が大きな特長。

画像1: ルシードエア

 超薄型のLED式ヘッドランプは4870個のマイクロレンズを使って昆虫の目を模倣しており、運転状況に合わせて照射範囲を自動で最適にコントロールする。

画像2: ルシードエア

 最高出力が298kW(400馬力)の後輪駆動車(FR)で、1回の充電による航続距離が386kmからだが、プレミアムオプションの追加で性能アップが可能。

 パワートレインを効率的に配置し、室内空間を広く設計。プレミアムオプションでグラスルーフが装着可能になっている。

画像3: ルシードエア

 前席は12段階で調節可能なパワーシート、後席はベンチシート。そして車両前後にはトランクルームが。

 プレミアムオプションでは、前席をマッサージ機能付き22段階パワーシートに、後席もベンチシートに代わり55度までリクライニングするエグゼクティブシートやオーデイオシステムも標準の10スピーカーから29スピーカー仕様にアップグレードが可能。

画像4: ルシードエア

 またルシードエアは、将来の自動運転に必要なハードウェアを搭載し、ソフトウェアはアップデートに対応している。

ルシード・モータース、イスラエルの自動運転技術会社、モービルアイと提携
Lucid Motorsは、今後普及が確実視される自動運転技術を研究・開発するイスラエルのモービルアイと提携している。モービルアイは独BMW、米インテルと3社共同で完全自動運転車の開発も行っており、米GM、独フォルクスワーゲン、日産自動車、自動車部品大手の英デルファイとも提携関係を結んでいる自動運転技術分野において非常に影響力のある企業。

ベース車両価格:960万円、予約金は29万4,000円(税込)~
納車開始:2020年予定
デロリアン・モーター・カンパニーは、ルシード・モータース社と交渉の上、正規輸入代理店契約を締結する計画と発表

メーカー:Lucid Motors, Inc. 
インポーター:株式会社デロリアン・モーター・カンパニー
車種名:Lucid Air(ルシード エア) 標準モデル
納車開始時期と価格:2020年、960万円(ベース車両価格。プレミアムオプション別、税諸費用別。)、仮想通貨可能
予約金:29万4,000円(税込)~

Lucid Air主要諸元
車体タイプ:4ドアセダンタイプ
全長:4800mm 全幅:1950mm 全高:1450mm 車体重量:2100kg 乗車定員:5名

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.