ラテン系ボーイズグループとして人気を博すCNCOが、最新曲「ペガオ feat. マニュエル・トゥリーゾ」のミュージックビデオを公開し、最新EPも発表。(フロントロウ編集部)

コロンビアで撮影されたCNCOの最新MVが公開

 CNCOは楽曲「恋のレゲトン・レント」の動画再生回数が15億回を超え一躍世界的に人気を博したラテン系ボーイズグループ。ラテン系アーティストの活躍が目覚ましいなか、CNCOもティーン・チョイス・アワードなどで賞を受賞し大活躍している。

 そんなCNCOがマニュエル・トゥリーゾをとコラボした楽曲「ペガオ feat. マニュエル・トゥリーゾ」をリリースすると同時に、MVも公開された。このMVは、コロンビアで撮影されたもので大勢の美女に囲まれ、以前よりもさらにキレがりピッタリと揃ったダンスを披露。なかには、美女とキスをするかしないか、見ている人をじれったくさせるシーンもあり、彼らの魅力がたっぷりと詰まったMVに仕上がっている。

画像: CNCOが美女とキスしちゃうの!?見てる人をじれったくさせるMVを公開

 また、CNCOは7曲入りの最新EP『ケ・キエネス・ソモス』を同時にリリース。『ケ・キエネス・ソモス』は「僕たちは」という意味を持ち、85%がメンバーで制作したよう。インタビューでメンバーのサブディエルは、「今の僕たちは、ようやくスタジオで僕たち自身の歌詞やストーリーを貢献できるところまできたんだ」と語っており、思い入れが強いことを明かした。

 まだまだ勢いが留まることを知らないCNCOの最新EP『ケ・キエネス・ソモス』と最新MV「ペガオ feat. マニュエル・トゥリーゾ」は要注目。(フロントロウ編集部)

画像: コロンビアで撮影されたCNCOの最新MVが公開

CNCO

配信限定EP『ケ・キエネス・ソモス』

収録曲

1. De Cero|デ・セロ
2. Pegao with Manuel Turizo|ペガオ withマニュエル・トゥリーゾ
3. Qué Va a Ser de Mí|ケ・ヴァ・セール・デ・ミ
4. La Ley|ラ・レイ *
5. Ya Tú Sabes |ヤ・トゥ・サベス
6. De Mí|デ・ミ
7. Tóxica|トキシカ

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.