ゼンデイヤが、自身を悩ます不安障害との向き合い方を明かした。(フロントロウ編集部)

ゼンデイヤの答えって?

 女優業にとどまらず、シンガーやモデルとして活動するゼンデイヤは、先日不安障害に悩んでいることを告白。いつも表舞台で輝くゼンデイヤが、心のデリケートな部分を明かしたことで、多くの人に勇気を与えた。

画像1: ゼンデイヤの答えって?

 そんなゼンデイヤに15日、米Accessのインタビュアーが「いまでも女優として、不安に感じることはある?」と質問。ゼンデイヤは「もちろんあるよ」と回答すると、さらにこう述べた。

「私って、生まれながらにして完璧主義者なの。だから、いつも正しいことをしたいと思うし、自分ができるベストを尽くしたいと思ってる。誰もが、気を長く持つ方法や、もっと自分自身に優しくすることができる方法を学ぶ旅の途中にいると思うの。それって私がいつも学んで、いまも模索中なことなのよ。もちろん不安になるよ。私は人間だもん」

画像2: ゼンデイヤの答えって?

 2010年に放送開始したディズニー・チャンネルのテレビドラマ『シェキラ!』の出演で大ブレイクしたゼンデイヤ。当時14歳だった彼女は現在23歳で、10年近く業界で活躍していることになるが、それでも女優でいることにより不安を抱えることがあると告白。

 常に輝かしい活躍を見せるゼンデイヤだけれど、不安を隠すことなく、地に足のついた彼女らしい正直な返答が称賛されている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.