ディズニーランドのことを誰よりもよく知っているであろう、ディズニーのCEOが選ぶ「1番おすすめのアトラクション」とは?(フロントロウ編集部)

ディズニーCEOのお気に入りの乗り物が判明

 スペース・マウンテンにスプラッシュ・マウンテン、ピーターパン空の旅、ホーンテッドマンションなど、ディズニーランドには挙げたらきりがないほどたくさん、みんなのイチオシのアトラクションが存在する。

 その数あるアトラクションのなかで、ディズニーランドのことを誰よりもよく知っているであろう、米ウォルト・ディズニー・カンパニーの会長兼CEOのボブ・アイガー氏が“お気に入り”として選んだのは、一体どのアトラクションなのだろうか?

画像1: ディズニーCEOのお気に入りの乗り物が判明

 先日、米Live Talks Los Angelesのインタビューに応じたアイガー氏が明かしたのは、アメリカだけでなく日本の東京ディズニーランドにもあるカリブの海賊

 カリブの海賊は、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』のもとにもなった言わずと知れた人気アトラクションだが、ほかの乗り物と比べると若干目新しさやスリルに欠けるような気もする。アイガー氏が「カリブの海賊」を選んだポイントは何だったのだろうか?

画像2: ディズニーCEOのお気に入りの乗り物が判明

 その理由について、アイガー氏は「(カリブの海賊は)ウォルト・ディズニーがこの世に残した最後のアトラクションなんだ。オープンしたのは彼が亡くなった後だけどね。でも、彼のエッセンスがちゃんと入っている。作りがシンプルなところとかね」と、ディズニーのCEOらしい観点から「カリブの海賊」をおすすめのアトラクションとして選出したことを説明。また、個人的に「暗くて静かな感じも気に入っている」ことも明かした。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.