トレンドの“濡れまぶた”を演出してくれると、いま話題の「リキッドアイシャドウ」。しっとりとした質感が魅力のコスメだけれど、いざ使ってみるとヨレやにじみが気になり、なんとなく扱いづらいと思っている人も多いのでは? リキッドアイシャドウの失敗ポイントと効果的な塗り方をプロがレクチャー。(フロントロウ編集部)
画像: 意外と難しい?「リキッドアイシャドウ」の上手な塗り方をプロが伝授

失敗①:アイプライマー・ベースを使っていない

 リキッドタイプだから、アイプライマーやアイベースは必要ないと思っていない? 

 確かにリキッドアイシャドウは、しっとりしているから、一見ベースはいらないように思えるけれど、メイクアップアーティストのビリー・ジーンは、「実は、ほとんどのリキッドアイシャドウには持続時間に限りがある」と米メディアMakeup.comにコメント。リキッドタイプも決して万能ではなく、きちんとした下準備が必要だと話している。

 そんなリキッドアイシャドウを長持ちさせるためには、ビリーは、「メイクブラシなどで、アイプライマーを薄く塗ってみて」とアドバイス。長時間つけたての美しさが持続するだけでなく、リキッドアイシャドウ特有のヨレも防げるという。

失敗②:リキッドアイシャドウの塗りすぎ

 時間が経つと、リキッドアイシャドウがまぶたの折り目やキワに溜まったり、崩れてしまう原因のひとつが、塗りすぎ。ビリーは、「一気につけないで、最初は薄くベールをつくるイメージで塗ってみて。物足りなかったら、徐々に塗り重ねるのがコツ」と話した。

 またビリーによると、1度目が乾かないうちに2度目を塗ってしまうと、アイメイクが崩れやすく、べたべたした印象になるという。必ず乾かしてから塗り重ねることを心がけて。

失敗③:ブレンドしていない

 リキッドアイシャドウは、指でぽんぽんとつけるのが一般的だけれど、ビリーによると、指でつけるより、メイクブラシを使ってブレンドしたほうが効果的とアドバイス。

 メイクブラシは指よりぼかしやすく、リキッドアイシャドウをまぶたに均一に広げてくれるため、より洗練された目元に仕上がるという。

 また、キレイなグラデーションをつくるために、ビリーは、「毛先の丸い、ふわふわしたアイシャドウブラシを使ってみて」ともアドバイスした。

 トレンドの濡れまぶたを叶えてくれる、大人気のリキッドアイシャドウ。プロの使い方をマスターして、アイメイクをアップグレードさせてみては。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.