いったん服につくと、なかなか落ちにくいコスメの汚れ。メイク中やふとした瞬間に服にメイクがついて困ってしまった経験、誰しも1度はあるのでは? そんなガンコなメイク汚れを落とす方法をメイクのプロが紹介。気になるメイクのシミ抜き方法をチェック。(フロントロウ編集部)
画像: 服にメイクがついた!コスメの種類別に汚れの落とし方をプロが紹介

シミの落とし方は、コスメによって変わる

 メイクの汚れを落とす方法として、メイクアップアーティストのソフィア・ストリコワは、「どんなコスメ汚れかによって、落とし方は変わってくる」と米メディアthe strategistにコメント。コスメの種類ごとに、適切な汚れの落とし方を紹介した。

画像: シミの落とし方は、コスメによって変わる

パウダー系のコスメ

 ソフィアよると、チークやアイシャドウなどパウダー系のコスメが服についた時に、ふき取るのはNGとのこと。シミがこれ以上広がらないように、ヘアドライヤーを使うか、歯ブラシで叩いて余分な粉を落として。それでもシミが残ってしまった場合は、クレンジングオイルを含ませ、水洗いするのがオススメとアドバイス。

画像1: パウダー系のコスメ

 気をつけたいのが、クレンジングオイルによる服の色落ち。はじめに、服の目立たない部分にクレンジオイルを含ませ、乾いたタオルやティッシュを押し付け色落ちチェック。もし色が移ってしまうなら、クリーニングにお任せするのがベター。

画像2: パウダー系のコスメ

オイルベースのコスメ

 リキッドファンデーションやBBクリーム、マスカラなど、オイルベースに作られているコスメには、中性洗剤を使うのが良いと話すソフィア。

画像1: オイルベースのコスメ

 やり方は、まずコスメがついた部分を軽く湿らせておき、次に柔らかい歯ブラシに洗剤をつけて、汚れが浮いてくるまで優しくこする。あとは軽くすすいで、通常通り洗濯すればOK。

 もし、まだシミが残るようだったら、つけ置きもあり。洗濯表示のタグに従い、手持ちの漂白剤やシミ抜き洗剤につけてみて。

画像2: オイルベースのコスメ

口紅・リップコスメ

 ソフィアによると、口紅やリップコスメは、通常ワックスとオイルの組み合わせで作られているため、他のコスメと違い、落とし方に少し工夫が必要とのこと。

画像1: 口紅・リップコスメ

 まずシミがついた部分を下にして、タオルの上に乗せる。その上から直接クレンジングオイルを数滴たらし、歯ブラシで優しく叩いて汚れをタオルに移す。シミが薄くなるまで何回も繰り返すのがポイント。

 ある程度汚れが落ちたら、中性洗剤を使ってもみ洗いし、ぬるま湯ですすぐ。あとはいつも通り洗濯をするだけ。

画像2: 口紅・リップコスメ

 どんな汚れであれ、早めに対処するのがシミを残さないコツ。服にメイクがついて困ったら参考にしてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.