2019年11月8日に公開された『ターミネーター:ニュー・フェイト』が「女性同士の親密な関係性」を描いているという意見に、グレース役のマッケンジー・デイヴィスが米Vultureにコメント。(フロントロウ編集部)

「親密な女性関係」と言われていることについて

 映画『ターミネーター2』の正式な続編と言われる『ターミネーター:ニュー・フェイト』は、2019年11月8日から公開が始まったSFアクション映画。

 映画『ターミネーター』シリーズでおなじみの“T-800”ことアーノルド・シュワルツェネッガーはもちろん、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンが28年ぶりに復帰。そして、人類を救うために未来から送り込まれた戦闘員のグレースを、マッケンジー・デイヴィスが務めた。

画像: ©PARAMOUNT PICTURES

©PARAMOUNT PICTURES

 本作は、レビューの段階で「女性同士の親密な関係性」が取りざたされることが多く、本編の中でも圧倒的に男性よりも女性が活躍するシーンが多い。

 しかしマッケンジーは、『ターミネーター:ニュー・フェイト』で「女性同士の親密な関係」を描いていると言われることに対しては、「べつに、そのように見られることを意識してはいない」とコメント。

画像: 「親密な女性関係」と言われていることについて

 むしろマッケンジーは「か弱いヒロインを守るヒーロー」的な象徴的な存在は大嫌いだそうで、とくに『ターミネーター』のようなアポカリプス映画では「説得力のある兵士」は、男のように見える女性でなければならないことに、嫌気がさしていたそう。

 そのため、たとえ映画の中で「女性同士の親密な関係性」が描かれているように感じたとしても、マッケンジーとしては、それはセクシーな意味やロマンスを持っているわけではなかったという。そして、「グレースがターミネーターから命を狙われている少女のダニーを守っているときの感情は、あくまでも母性」と語った。

 監督のティム・ミラーも、マッケンジーがそう見られるのではないかということを懸念していたという。そして彼女を「セクシーで汗まみれの男性のような典型的な戦士」にはしたくなかったそうで、スタッフや共演者たちと考え協力しながら撮影したと明かした。

 映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』は、2019年11月8日より上映が始まったばかり。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.