マスカラがまぶたについてイライラした経験、誰しもあるのでは? そんなアイメイクの悩みを一発で解消するメイク法をプロが伝授。目からウロコのテクニックをチェック。(フロントロウ編集部)
画像: マスカラがまぶたにつかない!いますぐ実践できるプロのマル秘テクニック

特別なメイクツールは必要なし!

 シンガーのビヨンセをはじめ、トップモデルのエルザ・ホスクや女優のマーゴット・ロビーなど、多くのセレブに信頼されるカリスマメイクアップアーティストのサー・ジョン・バーネット。

 そんなサーが、「マスカラがまぶたにつく」というよくあるメイク悩みについて解決策をアドバイス。マスカラガードやメイクツールを使わない、とっておきのメイク法を紹介した。

いますぐ実践できるマスカラの塗り方

 サーが、マスカラがまぶたにつかないように行なっているのが、「指でまぶたをガードする」というメイク法。

 クライアントのマスカラをつける際、サーは、「まぶたとまつげの間に指を当てて、まぶたにマスカラがつかないようにガードしている」と米メディアRefinery29にコメント。

画像1: いますぐ実践できるマスカラの塗り方

 人によって扱いづらかったり、目の形に合わなかったりするメイクツールとは違い、指は丸みを帯びているため、どんな人のまつげにもしっかりフィットしてくれると話すサー。

 また、自分の指はコントロールしやすいため、不器用な人でもテクニックなしでまつげのキワまできちんとガードできるため、機能的にも良いという。

画像2: いますぐ実践できるマスカラの塗り方

他にもメリットがたくさん!

 このテクニックには、他にも嬉しい利点があるそう。サーによると、指でまつげのキワを押さえると、まぶたが軽く持ち上がり、根元からしっかりマスカラを塗ることができるとのこと。

 ついでに根元も広がってくれるので、まつげがきれいにセパレートされ、マスカラを均一に塗ることができてダマにならず、誰でも簡単にパッチリした目元を作れるという。

画像: 他にもメリットがたくさん!

 目の周りにマスカラがついてしまうと、落とすのもひと苦労。プロのメイク法をマスターして、パンダ目知らずの魅力的な目元を手に入れてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.