2019年は「きっと、叶う★ Wish, Hope, Dream」というテーマのもと行なわれたディズニー・オン・クラシック。11月15日の東京公演の様子をレポート。(フロントロウ編集部)

ディズニーの世界へ誘われるステージ

 ディズニーのアニメーション、映画、テーマパークなどで生まれた音楽に焦点を当て、2002年に誕生した「ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会」は、2019年で17年目。ブロードウェイで活躍しているヴォーカリストやマエストロが来日し、フルオーケストラで披露される音楽は、まるで会場に集まった人にディズニーの魔法をかけるかのよう。今回は11月15日に国際フォーラムで行なわれた公演をレポート。

画像1: ディズニーの世界へ誘われるステージ

 ディズニー・オン・クラシックは、2部編成となっており、この日の公演は1部がファンのリクエストによるものやミステリアス&ダーク・スペシャルとタイトルがつけられた楽曲のラインナップで、2部は『アラジン』を全編フィーチャーしたものとなっており、1部と2部で全く違う楽しみ方が出来るものに。

画像2: ディズニーの世界へ誘われるステージ

 ステージ上にオーケストラが登場すると、会場は暗転。そしてオーケストラのメンバーたちが持っているペンライトがつけられ、8人のヴォーカリストが登場。まず1曲目に披露されたのは、2019年12月をもって終了することが決定している東京ディズニーランド®のショー「ワンマンズ・ドリームⅡ-ザ・マジック・リブズ・オン」から"ワン・マンズ・ドリーム"。ミッキーマウスの誕生から始まったウォルト・ディズニーの夢と魔法を楽しめるショーを、光と音楽で表現し、あっという間に観客を魔法の世界に引き込んだ。

画像3: ディズニーの世界へ誘われるステージ

 その後も2018年に公開された映画『メリー・ポピンズ リターンズ』から「メリー・ポピンズ
リターンズ 序曲」と「幸せのありか」、そしてファンのリクエストソングとして『トイ・ストーリー』より「幻の旅」と、『トイ・ストーリー2』より「ホエン・シー・ラヴド・ミー」というヒットソングが美しい歌声とともに奏でられた。

画像4: ディズニーの世界へ誘われるステージ

 また2020年に実写版の公開が予定されている『ムーラン』からは、「闘志を燃やせ!」「リフレクション」が披露され、ヴォーカリストたちの寸劇が行なわれ、「トゥルー・トゥ・ユア・ハート」では、客席からも光があればどれほど綺麗かという発想のもと、今年から導入されたペンライト企画が早速功をなし、客席からは照明顔負けの美しい光がステージに届けられた。

画像5: ディズニーの世界へ誘われるステージ
画像6: ディズニーの世界へ誘われるステージ

 その後披露された東京ディズニーシー®の「ディズニー・ハロウィーン 2017」より
「ザ・ヴィランズ・ワールド(エディット・バージョン)」では、オーケストラのメンバーがそれぞれハロウィンパーティーをしているかのように変装して演奏する場面も。

 第1部の最後には、ファンにはたまらないサプライズが披露され、嬉しすぎて思わず歓声をあげるファンも。

2部は『アラジン』をフィーチャー

 そして20分の休憩を挟み、第2部は映画『アラジン』を全編フィーチャーしたものがスタート。なんと舞台中央には、『アラジン』には欠かせない魔法のランプが登場。怪しく輝く魔法のランプに多くの人が釘づけになるなか、ステージでは『アラジン』の映像が流れ、それに合わせオーケストラが演奏。さらにはヴォーカリストや指揮者がアラジンやジャスミン、そしてアブーなどを演じ、歌だけではなく演技でも魅せた。

画像1: ©1992 Disney

©1992 Disney

画像2: ©1992 Disney

©1992 Disney

 第2部は『アラジン』を全編フィーチャーしているだけに、実際に映画を見ているような感覚に陥るも、目の前にはオーケストラ。生演奏を聴きながら、ステージ上のスクリーンに映し出された『アラジン』を鑑賞するというかなり贅沢なひと時。

画像1: 2部は『アラジン』をフィーチャー
画像3: ©1992 Disney

©1992 Disney

 そして最後は、会場に来場していた全員で一緒に「星に願いを」を熱唱。最後の最後には、再びサプライズ楽曲が演奏され、フィナーレでは銀テープが空中に舞った。

 最後の最後までディズニーの魔法にかけ、観客の心をぐっと掴んでいるところは、さすが17年というキャリアがある公演。この後も12月31日までディズニー・オン・クラシックは各地で開催され、2月には数々のディズニーの名作を生み出したアラン・メンケンと映画『美女と野獣』でベルのオリジナル・ヴォイスを担当したペイジ・オハラが来日して行なわれる『美女と野獣』イン・コンサートなども開催される。

 ちなみにディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2019のライブ版アルバムや、同公演のプログラムに合わせたアルバムも販売されているので、合わせてチェックしてみて。

ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会 2019 ~ライブ
価格:3,273円(税抜き)好評発売中

画像2: 2部は『アラジン』をフィーチャー

ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会2019
価格:2,500円(税抜き)好評発売中

画像3: 2部は『アラジン』をフィーチャー

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.