Photo:Photo:ニュースコム,WALT DISNEY PICTURES / Album/Newscom,Instagram
映画『アナと雪の女王2』に世界的にも人気が高い、日本発のあのアニメキャラがチラリと出演! 気になるその正体とは? どのシーンに登場する?(フロントロウ編集部)

歴史的快挙!2019年公開映画NO.1のオープニング記録

 11月22日から公開となったディズニーアニメーション映画『アナと雪の女王2』。初週末3日間の世界興行収入が3億5800万ドル(約390億円)を突破(※)し、2019年に公開された映画でNO.1、さらにディズニー・アニメーション史上歴代NO.1という歴史に名を残す大ヒットで好スタートを切った。

※ウォルト・ディズニー・スタジオの11月25日の発表より

 観客動員数・興行収入ともに、2013年公開の前作『アナと雪の女王』の初動の約2倍を記録している続編は、高評価を得るのが難しく、映画批評への信頼性が高いことで知られる米映画・ドラマ評価サイト、ロッテン・トマト(Rotten Tomatoes)でも一般観客の満足度が93%、プロの批評家の満足度が76%で“フレッシュ認定(良作認定)”を受けるなど、評判も上々となっている。


※以下、マイルドなネタバレが含まれます。ストーリーに関するネタバレはありません。


日本発のあのキャラクターが隠れていた!

 前作の『アナと雪の女王』でも、ファンたちをワクワクさせたのが、作品の隅々に登場した“隠れディズニーキャラ”たち。

 『アナと雪の女王2』でも、観客たちを楽しませるこの仕掛けは健在で、作品の序盤の回想シーンで幼い日のエルサとアナが、エルサが創り出した雪と氷のおもちゃで遊んでいるシーンには、映画『ダンボ』のダンボや映画『ベイマックス』のベイマックス、そして、『ボルト』のボルトといった、過去のディズニーアニメ作品のキャラクターを象った雪の人形が登場。

画像: 映画『ダンボ』(1954年公開)より。©WALT DISNEY PICTURES / Album/Newscom

映画『ダンボ』(1954年公開)より。©WALT DISNEY PICTURES / Album/Newscom

画像: 映画『ベイマックス』(2014年公開)より。©2014 Disney. All Rights Reserved.

映画『ベイマックス』(2014年公開)より。©2014 Disney. All Rights Reserved.

画像: 映画『ボルト』(2008年公開)より。©Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

映画『ボルト』(2008年公開)より。©Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 さらに、その中には、世界中から高い評価を得ている日本のアニメ制作会社、スタジオジブリの代表作『となりのトトロ』のトトロとみられるキャラクターも潜んでいると米エンタメ系メディアScreen RantおよびLooperが伝えている。

画像: 『となりのトトロ』(1988年公開)のワンシーン。©TOKUMA SHOTEN/Album/Newscom

『となりのトトロ』(1988年公開)のワンシーン。©TOKUMA SHOTEN/Album/Newscom

 なぜトトロらしきキャラがディズニーキャラの中に紛れ込んでいるのかは定かではないが、2014年に北米でリリースされた『となりのトトロ』の英語吹き替え版のプロデュースと配給はディズニーが行っているため、そういった”大人の事情”での繫がりから実現した可能性が高い。

 ちなみに、『ベイマックス』と『ボルト』の監督で、そのほかのさまざまなディズニーアニメ作品にも脚本家やアニメーターとして携わっているクリス・ウィリアムズは、『アナと雪の女王』と『アナと雪の女王2』でサウナ付き山小屋の主人オーケンの声を担当しており、ベイマックスとボルトの登場には、ウィリアムズ氏への敬意が込められているものとみられる。

画像: ウィリアムズ氏が声を担当するオーケン。©WALT DISNEY PICTURES / Album/Newscom

ウィリアムズ氏が声を担当するオーケン。©WALT DISNEY PICTURES / Album/Newscom

 このほかにも、さまざまなシーンに、たくさんの宝探し的ヒントや前作とのつながり、物語の行く末を暗示するメッセージなどが秘められている『アナと雪の女王2』。これから劇場に足を運ぶ人も、もう一度観る予定という人も、隠れディズニーキャラやトトロの姿に目を凝らしてみて! (フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.