Photo: ©2019UNIVERSAL STUDIOS、©VOLTAGE PICTURES / Album/Newscom、©Lucasfilm/Walt Disney Productions / Album/Newscom
12月に劇場で公開される映画をフロントロウ編集部が独自に選んでご紹介!人気のシリーズ物から、背筋凍るスリラーまで盛りだくさん!(フロントロウ編集部)

12月6日(金)公開『ラスト・クリスマス』

 主演はドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のエミリア・クラークと、映画『クレイジー・リッチ!』で一躍有名になったアジア系俳優ヘンリー・ゴールディング。ワム!の曲『ラスト・クリスマス』にインスパイアされて作られた本作は、そんな二人が織りなすラブストーリー。明るい気持ちになれると、前評判もGOOD!

12月13日(金)『ジュマンジ・ネクストレベル』

 「ロック様」ことドウェイン・ジョンソンが主演の映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』に続くシリーズ最新作。前作のキャスト、ニック・ジョナスやケヴィン・ハート、ジャック・ブラック、カレン・ギランらも再集結!前作の舞台はジャングルだったけれど、今回は砂漠や雪山!前作から続く小ネタ探しもとっても面 白い。

12月20日(金)『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

 ついに公開される『スター・ウォーズ』最新作。主人公のレイを演じるデイジー・リドリーほか、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザックら3部作の主要キャストだけでなく、2016年12月に急逝したキャリー・フィッシャーの姿も見ることができるという。2015年から始まった“続三部作”の最終章として期待が高まっている。

12月20日(金)『THEUPSIDE 最強のふたり』

 本作は、大ヒットフランス映画『最強のふたり』のハリウッドリメイク版。体が不自由な富豪と彼の介護をする貧しい黒人青年の友情をコミカルに描き、世界中で大ヒットを博した。富豪のフィリップ役をドラマ『ブレイキング・バッド』のブライアン・クランストンが、介護のドリス役を映画『ジュマンジ・ウェルカム・トゥ・ジャングル』のケヴィン・ハートが、そして富豪の助手役をドラマ『ビッグ・リトル・ライズ』のニコール・キッドマンが演じる。

12月20日(金)『テッド・バンディ』

 映画『ハイスクール・ミュージカル』や映画『グレイテスト・ショーマン』などで好青年のイメージが強いザック・エフロンが、アメリカで最も凶悪な殺人鬼テッド・バンディを熱演したことで注目が集まる本作。テッド・バンディの恋人リズはなんと、過去にザックと熱愛がウワサされたリリー・コリンズが演じている。30人以上の若い女性を残虐な方法で殺害しているシリアルキラーを、ザックはどう演じ切るのか?

 今回紹介したのは5本の洋画。このほかにも注目の作品が盛りだくさんなので、是非チェックしてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.