1980年に制作された映画『シャイニング』の40年後を描いた作品『ドクター・スリープ』に、『シャイニング』でダニー・トランスを演じたダニー・ロイドが出演している。(フロントロウ編集部)

『シャイニング』の一人息子、ダニーは今

 映画『ドクター・スリープ』は、1980年に大ヒットしたホラー映画『シャイニング』の40年後を描いた作品。

 『ドクター・スリープ』でユアン・マクレガーが演じるのは、『シャイニング』でジャック・ニコルソン演じる父親のジャックに殺されかけた少年ダニー・トランスが大人になった姿。彼は、あの事件のトラウマを背負いながら生きている。

画像: ©WARNER BROS. / Album/Newscom

©WARNER BROS. / Album/Newscom

 幼少期のダニーを演じたのは、当時5000人もの候補者の中から選ばれた子役のダニー・ロイド。ダニーは『シャイニング』出演後いくつかの映画に出演したものの、現在では俳優をやめ、なんと大学で生物学の教授に就いているそう。

画像: 映画『ドクター・スリープ』でユアン・マクレガー演じるダニー・トランス(左)、映画『シャイニング』でダニー・ロイド演じるダニー・トランス(右)©WARNER BROS. / Album/Newscom

映画『ドクター・スリープ』でユアン・マクレガー演じるダニー・トランス(左)、映画『シャイニング』でダニー・ロイド演じるダニー・トランス(右)©WARNER BROS. / Album/Newscom

 そんなダニーは、なんと『ドクター・スリープ』の一場面に、カメオ出演している。

 出演を誘ったのは、監督のマイク・フラナガン。マイクはツイッターでダニーのアカウントを見つけ、ダイレクトメッセージで出演のオファーをしたと米Varietyによって報じられた。

 通常カメオ出演(※)はエンドクレジットで名前を書かれないけれど、ダニーはカメオ出演にもかかわらずエンドクレジットに名前が記載されている。そのためダニーは自身のツイッターで「でもそれって“カメオ”なの?エンドクレジットに載っているのに?」と呟いた。

※俳優や著名人、歌手、スポーツ選手、監督などが作品の中にほんの一瞬だけゲスト出演すること。

 ちなみに監督は、父親役のジャックも誘おうかと思ったものの、2010年の映画『幸せの始まりは』以来、映画出演をしていないジャックの引退への意志が固いことを聞いたため断念したそう。その代わり、ジャックは続編の制作には好意的な態度だったとフラナガン監督は明かしている。

 映画『ドクター・スリープ』は、2019年11月29日から日本全国ロードショー。ダニーがどこの場面で登場しているか、チェックしてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.