Photo:ゲッティイメージズ、スプラッシュ/アフロ、ニュースコム
映画『Little Women(原題)』のプレミアイベントで主演のエマ・ワトソンが着用した、ドレスのスタイリングに注目が集まっている。(フロントロウ編集部)

エマ・ワトソンのドレスに注目

 ルイーザ・メイ・オルコットの不朽の名作『若草物語』を映画化した、映画『LittleWomen』のプレミアイベントがニューヨークで行なわれた。

 映画『レディ・バード』でメガホンを取ったグレタ・ガーウィグが監督を務める同作のプレミアに、主人公の4姉妹を演じる、映画『ハリー・ポッター』のエマ・ワトソン、映画『レディ・バード』のシアーシャ・ローナン、ドラマ『KIZU-傷-』のエリザ・スカンレン、映画『ブラック・ウィドウ』のフローレンス・ピューがレッドカーペットに登場。

画像1: エマ・ワトソンのドレスに注目

 ほかにも同作に出演する、映画『君の名前で僕を呼んで』で大ブレイクしたティモシー・シャラメや、映画『ジュラシック・パーク』などで知られる大物俳優のローラ・ダーンもプレミアに駆けつけた。

画像2: エマ・ワトソンのドレスに注目

 話題作ということで多くの報道陣が駆けつけたこのプレミア。豪華キャスト陣が出演する同作のプレミアでは、ファッションにも注目が集まるなか、レッドカーペットでひと際脚光を浴びたのは、エマ。

画像3: エマ・ワトソンのドレスに注目

この日のエマは、バレンシアガ(Balenciaga)のSS 2020コレクションであるブラックのロングドレスを着用。このドレスにベルベットのサイハイブーツと、ブラックのクラッチバッグを合わせて異素材で作るオールブラックコーデに仕上げ、ゴールドのヘアアクセサリーやシルバーのイヤリング、重ね着けしたリングで華やかさをプラスした。

 ダークトーンのメイクでネオゴシック風に演出したこのスタイルを、ワンランク格上げするため、エマはなんとドレスの裾を片足のブーツにタックイン。

 足のつけ根まで長いサイハイブーツにドレスの裾をタックインする新たなスタイリング術で、周囲の視線を釘づけにした。

画像4: エマ・ワトソンのドレスに注目

 エマといえば、2014年のゴールデン・グローブ賞の受賞式でドレスにパンツを合わせるコーデをしたり、2017年の映画『美女と野獣』のプレミアでスタイリッシュなパンツスタイルで登場したりと、公式イベントで着用する“型にはまらない”スタイリングに定評がある。

画像5: エマ・ワトソンのドレスに注目

 映画『Little Women』は12月25日に全米公開。日本公開の予定はまだ決まっていない。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.