ポルシェジャパン株式会社が、ポルシェ初のフル電動スポーツカーである「タイカン」を公開し、期間限定タイカン予約プログラムを開始した。(フロントロウ編集部)

ポルシェの伝統を受け継ぐEV

 タイカンはポルシェの伝統を忠実に受け継いだスポーツカー。ステアリングを通じて得られる安心感、安定性の高いハンドリング、快適な乗り心地は、ポルシェの各モデルに共通した特長。これらは高剛性かつ軽量なボディ、低重心設計、卓越したエアロダイナミクス性能などにより生み出されてれいる。

画像1: ポルシェの伝統を受け継ぐEV

 電動化されたドライブトレインにも、革新的な技術を採用。2基の永久磁石シンクロナスモーター、世界最高レベルの高速充電を実現する800Vシステム、後輪用モーターに組み込まれた2速変速機構などは、その代表。

 また、タイカンの圧倒的な高速充電性能を生かすため、ポルシェジャパンは全国のポルシェセンターや公共施設に次世代CHAdeMOに対応した急速充電器を設置。その充電出力は国内でもっともパワフルな150kWで、タイカンの車載バッテリーを30分以内に80%まで充電する。

画像2: ポルシェの伝統を受け継ぐEV

Apple Musicを搭載

 音声を通じて多彩な機能を操作できるボイスコントロールやスマートフォンから、ドアの施錠状態や駐車位置を確認できるコネクテッド機能Porsche Connectも装備。さらにはApple Musicを搭載しており、サブスクリプション登録者であれば誰でもタイカンのタッチスクリーンを操作することにより、5,000万以上の楽曲を車内で楽しめる。タイカンは、Apple Musicを車両の機能として組み込んだ世界初の自動車となった。

画像: Apple Musicを搭載

 またタイカンは、インテリアにサスティナブルな素材を採用して地球環境に配慮したほか、最新のデジタル技術を採り入れて、時代の要求にも応えている。革新的技術により世界最高レベルの急速充電を可能にし、並外れた高性能を繰り返し発揮できる優れた信頼性を達成。さらには操縦感覚までポルシェそのもので、ステアリングを握った印象だけでなく、着座姿勢やコクピットのデザインにも911と共通の思想が採り入れられている。

 現在ポルシェ公式サイトでは、「期間限定タイカン予約プログラム」を受付中。

お問い合わせ:ポルシェカスタマーケアセンター 0120-846-911

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.