ダブル・ヘッドライナー・コンサート『LIVEIN JAPAN 2019 星野源×MARK RONSON』が、神奈川・横浜アリーナで12月9日と10日の2夜にわたって開催された。完売公演となったライブでのマークのパフォーマンスをレポート!(フロントロウ編集部)

マーク・ロンソンが来日!2年連続で完売公演

 2018年につづき2年連続での開催となった、マーク・ロンソンと星野源によるダブル・ヘッドライナー・コンサート『LIVE IN JAPAN 2019 星野源×MARK RONSON』。昨年と同様に完全ソールドアウトとなったが、さすが2度目、アプローチを変えてマークならではのユニークなパフォーマンスを見せてくれた。

画像1: Photo By Masanori Naruse

Photo By Masanori Naruse

 ストレートなDJセットだった前回に対して今年のセットは、DJとライブのミックス。マークにとって恐らく日本では初めてライブ演奏を交えた、ほかでは観られないスペシャルなショーであり、そのために彼が用意したのは12人編成のストリングス隊。まずはピアノに向かって、さる6月にリリースした最新アルバム『レイト・ナイト・フィーリングス』の導入部を弾き始めたマークは、「コンニチハ、ヨコハマ!」と呼び掛けると、豪奢なストリングスとピアノを添えて、シングル曲だったタイトルトラックを披露。ストリングスをふんだんに盛ったアルバムだっただけに、納得の演出と言える。

画像2: Photo By Masanori Naruse

Photo By Masanori Naruse

 続いてステージ中央のDJブースに移動して、DJ×ストリングスという組み合わせで「ウー・ウィー」(93年のファースト『ヒア・カムズ・ザ・ファズ』より)を聴かせたかと思うと、次はギターを手にし、ゲスト・シンガーを迎えて「ストップ・ミー」を披露。そのシンガーとはまさに、アルバム『ヴァージョン』(07年)でこの曲を歌って以来長年コラボしている、オーストラリア人シンガーのダニエル・メリウェザー。その後もサプライズが続き、「僕が大好きなアーティストを招こう」と星野源を呼び寄せると、ふたりが弾くギターとストリングスでダニエルのソウルフルな美声を縁取り、エレガントなアンプラグド仕立てで名曲「シャロウ~『アリー/スター誕生』愛の歌」を聴かせる。これは言うまでもなく、マークにアカデミー賞やゴールデン・グローブ賞をもたらした映画『アリー/スター誕生』の主題歌。

画像1: Photo by 田中聖太郎

Photo by 田中聖太郎

 こうして曲ごとにスタイルを変えて楽しませてくれたマークは、再びDJ×ストリングスで「アップタウン・ファンク」ほかアップビートな曲を鳴らして、オーディエンスを踊らせることにしばし専念。いつの間にかアリーナはダンスフロアと化している。このコーナーで特筆すべきは、自身の曲「ナッシング・ブレイクス・ライク・ア・ハート」と、今年最大のヒット曲のひとつ、リル・ナズ・Xの「オールド・タウン・ロード」のマッシュアップ。前者にヴォーカルを提供したのはマイリー・サイラス、後者には彼女の父ビリー・レイ・サイラスが参加しており、さりげなく親子を引き合わせたというわけだ。

 そしてフィナーレは昨年と同様、マークにとって最高のミューズだった、故エイミー・ワインハウスの「バック・トゥ・ブラック」と「ヴァレリー」。亡くなってからはや8年、原曲を彩っていたホーンをストリングスで置き換えてあのパワフルな歌声を会場一杯に響かせ、彼女の記憶を風化させてはならないという使命感を伝えていた。

<セットリスト(マーク・ロンソン)>
1. レイト・ナイト・プレリュード  
2. レイト・ナイト・フィーリングス feat. リッキ・リー 
3. ウー・ウィー feat. ゴーストフェイス・キラ、ネイト・ドッグ、トライフ & サイゴン 
4. ストップ・ミー feat. ダニエル・メリウェザー (with ダニエル・メリウェザー)
5. レディー・ガガ & ブラッドリー・クーパー「シャロウ ~『アリー/ スター誕生』愛のうた」 (with ダニエル・メリウェザー、星野源)
6. ナッシング・ブレイクス・ライク・ア・ハート feat. マイリー・サイラス 
7. リル・ナズ・X「オールド・タウン・ロード (feat. ビリー・レイ・サイラス) [リミックス]」 
8. アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ 
9. シルク・シティ&デュア・リパ「エレクトリシティ」 
10. エイミー・ワインハウス「バック・トゥ・ブラック」 
11. ヴァレリー feat. エイミー・ワインハウス 

 以上、趣向を凝らした約40分の濃密なセットを終えた彼はさらに、星野源のセットのアンコールにも登場。「スバラシイファンデスネ!」とオーディエンスに賛辞を送ってから、星野源のバンドにギタリストとして加わると、「Week End」を歌う彼をバックアップするというこれまた初の試みを見せた。

画像2: Photo by 田中聖太郎

Photo by 田中聖太郎

 マークと星野源は昨年の共演を経て、11月に星野源がニューヨークで行なった公演にマークがスペシャル・ゲストとして登場するなど、着々と親交を深めている。曲が終わると、星野源と2度ハグし合ってからステージをあとにしたが、この調子なら、ふたりのショーが毎年恒例のイベントになったとしても驚かないだろう。

マーク・ロンソンからの動画メッセージ

<リリース情報>

マーク・ロンソン| Mark Ronson
『レイト・ナイト・フィーリングス|LateNight Feelings』
配信アルバム・輸入盤CD・国内盤CD
発売中(2019年6月21日)
全13曲+国内盤限定ボーナストラック3曲

星野源
NEW EP『Same Thing』
発売中

(フロントロウ編集部/新谷洋子)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.