大人気映画『ミニオンズ』の最新作が2020年7月17日に公開決定。その舞台はなんと1970年代。(フロントロウ編集部)

ミニオンが帰ってくる!

 2010年に『怪盗グルーの月泥棒』から始まった、主人公グルーとバナナが大好きな相棒のミニオンたちを中心に物語が展開する『怪盗グルー』シリーズ。2017年に公開された『怪盗グルーのミニオン大脱走』では、なんと日本だけで73億円の興行収入を稼ぎ出すメガヒット超大作へと大成長。

さらに、2015年公開の前作『ミニオンズ』は、アトラクション感抜群の破天荒なストーリーと、ミニオンならではの愛くるしいキャラクター性が観客を虜にしたことで、『トイ・ストーリー3』を抜き、『アナと雪の女王』『インクレディブル・ファミリー』に次ぐアニメーション作品全世界興収歴代3位、日本での興行収入は52億円を記録。

画像1: ©ILLUMINATION ENTERTAINMENT / Album/Newscom

©ILLUMINATION ENTERTAINMENT / Album/Newscom

 今や”ミニオン”は絶大な人気を誇るキャラクターとして世界中で愛されている。

 そんなミニオンの最新作『ミニオンズ(Minions: The Rise of Gru)』が、2020年7月17日に日本公開決定。

最新作『ミニオンズ』はどんなお話?

 新たな物語が描かれる『ミニオンズ』の舞台はなんと、1970年代。前作で大活躍した、ケビン、スチュアート、ボブの3人を筆頭としたミニオンたちが、1970年代を舞台にシリーズ史上最高のスケール感でこれまでにないハチャメチャな大騒動を巻き起こしていく。

画像: 最新作『ミニオンズ』はどんなお話?

 さらに、12月20日からは世界で唯一日本のためだけに制作された1970年代の要素満載の特別映像が全国の劇場(※一部の劇場は除く)で公開。

登場するミニオンは?

 最新作の『ミニオンズ』に登場するのはもちろん、前作で大活躍したあの3人。

 みんなを守ってくれる立派な兄貴分のケビンと、常にバナナのことで頭がいっぱいのスチュアート、天真爛漫でやる気満々だけど弱虫なボブが、また楽しませてくれる。

画像2: ©ILLUMINATION ENTERTAINMENT / Album/Newscom

©ILLUMINATION ENTERTAINMENT / Album/Newscom

 この可愛いトリオを筆頭としたミニオンたちが、1970年代を舞台にシリーズ史上最高のスケール感でこれまでにないハチャメチャな大騒動を巻き起こす!

 そんな映画『ミニオンズ(Minions: The Rise of Gru)』は2020年7月17日に日本全国ロードショー。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.