米フロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで、入園前の手荷物検査の際に「あるもの」が見つかってしまった男性が逮捕される事件が発生。(フロントロウ編集部)

カバンの中にうっかり「持ち込み禁止物」

 アメリカのフロリダ州オーランドに広大な敷地を構える、世界最大のディズニーリゾート「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」(以下ディズニーワールド)にあるアニマル・キングダムで、男性客が背負っていたリュックサックの中から園内への持ち込みが禁止されている「あるもの」が見つかり、逮捕されるという事件が発生した。

画像1: カバンの中にうっかり「持ち込み禁止物」

 その「あるもの」とは、まさかの拳銃

 先日、ディズニーワールドに複数あるテーマパークのひとつ、アニマル・キングダムのセキュリティチェックで、男性のリュックサックの中に拳銃が入っているのを職員が発見。その後、通報を受けて駆けつけた警察官によって、この男性は銃の違法所持及び携帯の容疑で逮捕された。

 説明するまでもないと思うが、ディズニーランドとディズニーワールドでは銃器、弾薬、ナイフといったすべての武器の持ち込みを禁止している。

 米Newsweekによると、問題の拳銃は、普段は護身用として車の中に置いてあるものだったが、車上荒らしにあうことを恐れた男性が、ディズニーワールドを訪れる直前にリュックサックの中に移し替えたのだという。男性は警察に「リュックサックに入れたことを忘れていた」と証言しているそうで、故意に持ち込んだことは否定している。

画像2: カバンの中にうっかり「持ち込み禁止物」

 ディズニーワールドでは、今年5月にも“うっかり”拳銃を園内に持ち込もうとした男性が逮捕されるという、同様の事件が発生しており、園を訪れる人たちは不安を募らせている。

 ちなみに、今回の事件で逮捕された男性は重大な違反を犯したとして、今後、ディズニーワールドにあるすべての施設に立ち入ることを禁止するとディズニー側から命じられたそう。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.